MENU

奨学金を延滞して法的手続きを取られるまでの流れと件数

2023年12月27日 更新2023年12月27日 公開

日本学生支援機構の奨学金を延滞して、法的手続きを取られるまでの流れと件数をご紹介します。

延滞から法的手続きになるまでの流れ

延滞から法的手続きになるまでの流れ

督促等の流れのイメージ(日本学生支援機構)54pの図を参照

・延滞3ヶ月までは、文書や電話で連絡

・延滞4ヶ月~9ヶ月までは、個別返還指導(文書、電話、訪問)、返還期限猶予制度の案内など延滞して9ヶ月が経過すると、法的手続き(裁判所へ支払督促申立をする旨を予告する文書をまず送る)

法的手続きの推移

年度 返還者数 支払督促申立 比率 異議申立 比率
2008年 253.8万人 2,173件 0.09% 1,504件 0.06%
2009年 273.1万人 7,713件 0.28% 4,233件 0.15%
2010年 292.0万人 7,390件 0.25% 4,143件 0.14%
2011年 311.7万人 10,005件 32% 5,946件 0.19%
2012年 333.4万人 9,583件 0.29% 6,193件 0.19%
2013年 353.5万人 9,043件 0.26% 6,082件 0.17%
2014年 374.1万人 8,495件 0.23% 5,039件 0.13%
2015年 392.8万人 8,713件 0.22% 5,432件 0.14%
2016年 409.5万人 9,106件 0.22% 5,845件 0.14%
2017年 425.9万人 8,659件 0.2% 5,470件 0.13%
2018年 440.0万人 8,068件 0.18% 5,293件 0.12%
2019年 453.2万人 7,793件 0.17% 5,260件 0.12%
2020年 463.0万人 6,652件 0.14% 4,713件 0.1%
2021年 473.0万人 6,297件 0.13% 4,854件 0.1%
2022年 483.1万人 5,159件 0.11% 3,716件 0.1%

各種行政機関などからの指摘もあり、返還金という次世代の奨学金の原資を確保するため、JASSOでは平成20年度以降、法的手続の早期化を図ってきたそうです。

この言葉が本当だとしたら、行政機関も問題があるようにも感じるのは私だけ?

*訴訟とは、JASSOが裁判所へ支払督促を申し立てた後に、債務者が裁判所へ異議申立をしたことにより通常訴訟へ移行したもの

利用データ

著者

とばひさし とば ひさし
武豊町議会議員、日本維新の会
IT・Web会社の社長
詳細プロフィール

メインカテゴリ