MENU

大学、短期大学、大学院、専門学校で必要な学費、生活費

2024年02月02日 更新2024年01月18日 公開

大学、短期大学、大学院、専門学校で必要な学費、生活費をご紹介します。2020年度のデータとなります。

大学(昼間)

学費、生活費、合計の単位は円となります。以下同じです。

種類 学費 生活費 合計
国立 592,000 839,800 1,431,800
公立 605,000 767,900 1,372,900
私立 1,310,700 617,900 1,928,600
平均 1,148,700 664,300 1,813,000

大学(夜間)

種類 学費 生活費 合計
国立 327,700 867,600 1,195,300
公立 433,400 753,100 1,186,500
私立 765,100 695,400 1,460,500
平均 621,000 749,100 1,370,100

短期大学(昼間)

種類 学費 生活費 合計
国立 0 0 0
公立 484,300 605,400 1,089,700
私立 1,092,600 488,300 1,580,900
平均 1,061,700 494,200 1,555,900

短期大学(夜間)

種類 学費 生活費 合計
国立 0 0 0
公立 241,400 641,200 882,600
私立 691,400 542,700 1,234,100
平均 584,100 566,200 1,150,300

大学院修士課程

種類 学費 生活費 合計
国立 583,200 1,065,900 1,649,100
公立 620,300 966,600 1,586,900
私立 1,073,600 896,300 1,969,900
平均 746,900 1,003,700 1,750,600

大学院博士課程

種類 学費 生活費 合計
国立 560,100 1,616,100 2,176,200
公立 681,400 1,930,600 2,612,000
私立 838,900 1,545,700 2,384,600
平均 636,400 1,617,900 2,254,300

専修学校(専門学校)

種類 学費 生活費 合計
国立 0 0 0
公立 393,500 457,400 850,900
私立 1,158,000 2,612,000 2,384,600
平均 1,129,200 553,600 1,682,800

まとめ

大学     :1,813,000円
短期大学   :1,555,900円
大学院修士課程:1,750,600円
大学院博士課程:2,254,300円

感想

行きたい学校によって必要な学費、生活費は変わります。全部親が出してくれるといいのですが、ここまでお金がかかるとそうはいかないのも事実です。

奨学金制度をうまく活用して、行きたい学校に行くことをあきらめないことが必要です。そして、いちばん大事なのは一定の基準を満たす大学へ行く場合、給付型奨学金を誰もが受けられる日本にすることが必要です。

そうすれば、親の経済状況に関係なく、行きたい大学に行けます。また、親も大学のお金を気にせずに子どもを産みやすくなります。少子化対策として、教育費用がかからない日本を作ることが重要です。

大学生の生活費用はどれくらい?国立・私立、自宅・下宿で変わる必要なお金」も参考にしてください。

利用データ

令和2年度学生生活調査・高等専門学校生生活調査・専修学校生生活調査(JASSO)を参照。信頼できるデータとなっています。

著者

とばひさし とば ひさし
武豊町議会議員、日本維新の会
IT・Web会社の社長
詳細プロフィール

メインカテゴリ