MENU

短期スパンの真理より長期スパンの真理が怖い!本当に怖れるべきものは真理だけな件

2020年09月17日 公開

あなたが人生で恐怖を感じるものは何ですか?愛やお金を得られない、失敗した人生で終わってしまう、死んでしまうなどいろんな恐怖があるでしょう。でも、本当に怖れるべきものは真理だけな件をお伝えします。

本当に怖れるべきことって何ですか?

「本当に怖れるべきことって何ですか?」って質問をすると、いろんな恐怖があるなと思います。例えば、

「貧乏になることが怖い」
「失恋することが怖い」
「失敗することが怖い」
「人から嫌われることが怖い」
「誰からも認められないことが怖い」
「死ぬことが怖い」

などなど人によって怖れるものって違います。私もこれまでは死ぬことを怖れたり、愛やお金など何かを失うことをとても怖れていました。

でも、これらのことって本当に怖れるべきことなんでしょうか?きっとこういう悩みで「世のため人のため」に生きていれば発生しないことだと思うんですよね。てか、発生したとしても、そんなことが悩みじゃなくなるというかね。

本当に怖れるべきものは真理だけ

「真に怖るべきものは真理なり(中村天風、真人生の探求p153)」

実は本当に怖れるべきものは「真理」だけなんです。「真理」というものは誰にでも平等です。真理を守れば生きられますが、真理を守らなければ死んでしまうことだってあります。

中村天風氏の言葉って当たり前のように思えるから私もスルーしてしまっていました。でも、これ本当にすごいこと書かれていますよね。真理を例にきちんと理解しましょう。

「呼吸をしなければ死んでしまう」→短期スパンですぐわかる真理

本当に怖れるべきことは「真理」だけということを一番わかりやすく考えることができるのが呼吸です。

人間は生きるためには呼吸をしなければいけません。水や食物がなくても数日は生きられるのに、呼吸をしなければ数分で死んでしまいます。

ここであなたが「真理なんて守って生きるのなんてダサい!私は息をしないで生きてやる!」と考えて呼吸を止めたらどうなりますか?数分のうちに死んでしまうでしょう。

でも、まともな人間なら呼吸を止めることなんてしません。呼吸をしなければ死んでしまうという真理を生まれたときから理解しているからです。

だから、呼吸というものは無意識で行われ、死ぬときまで意識することなく続いてくのです。これこそ怖れるべきものは真理だけってやつです。でも、こういう短期スパンの真理はわかりやすいからいいんですよね。問題なのは長期スパンの真理です。

「怒らず、怖れず、悲しまず」→長期スパンでわかりにくい真理

呼吸というのは生死に直結する真理なのでわかりやすいと思いますが、実際には呼吸よりも長いスパンで影響が出る真理も多いのです。

「悲観は、身を殺し、憤怒は悪魔の息吹なり(中村天風、真人生の探求p153)」

怒らず、怖れず、悲しまず」という真理は長めのスパンで悪影響を人間に与えます。毎日怒ったり、怖れたり、悲しんだりしても生きていくことはできます。

でも、人生で1回も怒らない、怖れない、悲しまないで生きている場合よりも早死すると思いませんか?

だって、怒ると心臓の鼓動は早くなり、真っ赤な顔になってしまいます。怖れたり、悲しんだりしているときも心が憂鬱になって辛いですよね。そんな状態で幸せだと思えますか?不幸なだけですよね?なんとストレスフルな毎日なんでしょう!

一方、怒りも恐れも悲しみもない人には悩みはないのでいつも心は穏やかで幸せです。ストレスもない生活なので天寿を全うするでしょう。

なので、私が思うに本当に怖れるべき真理というのは即効性がなく長期的に悪影響を与える真理だと思うんですよね。こういった長期スパンの真理を守らずに生きてしまうから、幸せな人と不幸な人が分かれてしまうんだろうなと思いました。

感想

「真に怖るべきものは真理なり」という言葉をちゃんと理解すると、本当に怖れるべきことは真理だなとわかりますよね。

真理は誰にでも平等だから、真理を守らず生きなければ死んでしまうものね。「呼吸をしなければ死ぬ」ことが真理のように、「怒らず、怖れず、悲しまず」という長期スパンの真理を知らずに生きるのはとても怖いなと思いました。

なので、私はこれから日常生活のあれこれを怖れることなく、真理だけを怖れて生きていこうと思いました。

道は尊厳にして犯すべからず!「道=法則」を無視して生きてはいけない件」も参考にしてください。

メインカテゴリ