MENU

おすすめのらっきょう漬けは何かを自分で漬けて比較してみた件【甘酢・塩・たまり・味噌】

2020年11月13日 公開

沖縄で島らっきょうを食べ、東京で塩らっきょうをつまみに飲むようになってから、らっきょうのおいしさに気づきました。

そんならっきょう好きの私がおすすめのらっきょう漬けは何かを自分で漬けて比較してみた件をお伝えします。

比較したらっきょう漬けたち

らっきょう比較

左上から右に向かって味噌漬け、たまり漬け、甘酢たまり漬け、甘酢漬け、塩らっきょうで比較しました。

塩らっきょうが一番おいしくて圧倒的におすすめ

塩らっきょうが一番おいしいのでおすすめだという結論に至りました。島らっきょう好きな人なら塩らっきょう一択じゃないかと思うくらいダントツでおいしかったです。

ちなみにこの塩らっきょうは塩分10%のらっきょう塩水漬けとなっております。塩だけらっきょうもいろんな塩分濃度を試したのですが、最終的には味や保存性や手間を考えると塩分10%のらっきょう塩水漬けが最強だとわかったわけです。

塩らっきょう(塩だけらっきょう・塩水漬けらっきょう・)のレシピ・作り方」も参考にしてください。

らっきょう味噌漬けは2番目のおいしさ

らっきょう味噌漬けは2番目においしかったです。ただ、砂糖をかなり入れて甘くしないと味噌のしょっぱさだけが目立ってあまりおいしくないので、かなり砂糖を入れないとおいしくないかなと思います。

中国式のチャーシューみたいに胡麻とかにんにくとか入れるともっとおいしくなるかなと思いますが、塩らっきょうのおいしさに比べると負けるので、味噌とかの原価をあえてかけてまでらっきょう味噌漬けを作る必要はないかなと個人的には思っています。

赤味噌バージョン!らっきょう味噌漬けのレシピ・作り方」も参考にしてください

たまりらっきょう漬けは3番目のおいしさ

たまりらっきょう付は3番目においしかったです。味噌漬けと同じようにかなり砂糖を入れて甘くしないとたまりのしょっぱさだけが目立ちます。

たまりらっきょう漬けは好きな人は好きだと思いますが、やっぱり塩らっきょうのほうが圧倒的においしいです。

いいたまりはそれなりに高いので原価をあえてかけてまでたまりらっきょう漬けを作る必要はないかなと個人的には思っています。

甘めがおすすめ!たまりらっきょう漬け(醤油らっきょう漬け)のレシピ・作り方」も参考にしてください

らっきょう甘酢漬け・らっきょう甘酢たまり漬けは4番目のおいしさ

定番のらっきょう甘酢漬けとらっきょう甘酢たまり漬けは4番目のおいしさでした。定番の甘酢らっきょうではありますが、食べる人を選ぶ料理だなとは思っています。

私も塩らっきょうは好きですが、甘酢らっきょうは正直あまり好きではありません。自分で作ったらおいしいかなと思ったけど、甘酢らっきょうは正直市販のほうがおいしいなと思った次第ですw

多分すごく甘くしないとらっきょうの悪いところや酢の酸っぱさが目立つからだろうなと思います。ただ、タルタルソースの玉ねぎ代わりに使うのはありだなと思います。やっぱりらっきょうは塩らっきょうが一番だね!

らっきょう甘酢漬け・らっきょう甘酢たまり漬けのレシピ・作り方」も参考にしてください

感想

定番の甘酢らっきょう、塩らっきょうから少し変わり種の味噌漬けやたまり漬けを自分で作って比較してみました。

作る前から薄々わかっていたのですが、やっぱりらっきょうは塩らっきょうが一番だなとわかりました!他にも変わり種でおいしそうならっきょう漬けがあれば試してみたいところではありますが、これからは塩らっきょうだけ作る予定ではありますw

メインカテゴリ