MENU

消極的なことは考えない!寝る前は聯想暗示法で心が明るく朗らかさで勇ましくなることだけを考えたい件

2020年08月31日 公開

あなたは寝る前に消極的なことを考えていませんか?それは楽しいですか?幸せですか?寝る前は聯想(れんそう)暗示法で心が明るく朗らかさで勇ましくなることだけを考えたい件をお伝えします。

*「聯想暗示法=連想暗示法」ですが、天風氏の言葉を優先するために「聯想暗示法」で通させていただきます。

聯想暗示法とは

「この方法は要約すれば、意識的に積極的思考を作り、それを吾が心に思念聯想することに依って観念要素の更改を現実にする方法なのである。(中村天風、真人生の探求p122)」

聯想(れんそう)暗示法とは、積極的なことを考え、心も積極的にすることで観念要素の更改をする方法のことです。自己暗示誘導法の1つとなります。

聯想暗示法のやり方

「毎夜就寝の際の、自然傾向たる大脳の制止作用を応用する方法であって、分り易くいえば、夜の寝がけのときの心持ちを更えるのである。
もっと分り易くいえば、夜一旦就寝しようとふとんの中に這入ったら、たとえどんな悲しいことや、腹の立つことや、その他の気にかかることがあっても、それを断然明日の宿題とすること、即ち今正に自分は一日の疲労を休養するため、これから睡眠を採るのだから、精神も肉体と同様に安息を与えなければならない、だから当面している人生の一切の事柄は、明日目が覚めてから分別考慮しようと、特に消極的に心に陥らすような問題は悉く明日廻しとして、出来る限り、明るい朗かさと活々とした勇ましさを感じ得るような、ほほ笑ましいことだけを心に聯想思考せしめるのである。(中村天風、真人生の探求p125~126)」

聯想暗示法のやり方はとっても簡単です。夜眠るときの気持ちを変えるだけです。布団やらベッドに入ったら、どんな悲しいことがあっても、どれだけ怒れるようなことがあっても、断然明日の宿題にしてしまうのです。

そして、私はこれから今日の疲れを取るために眠るのだから、心も肉体と同じように休憩を与えようと考えるのです。

だからこそ、今直面している人生の消極的なことは全て明日に回して、出来る限り明るい朗らかさと活々とした勇ましさを感じられるような、ほほえましいことだけを心に聯想思考させるのです。

私はこれまで眠るときに楽しいことよりも今日あった嫌なことを考えることが多かったです。だから、私の観念要素は消極的なことでいっぱいだったんだなとわかりました。

寝る前は心を明るくしやすい

「この方法は、皮相的に考えると、一寸困難のように思うかもしれないが、試みて見ると案外速やかに一種の習慣が助成されて、容易にその目的を達成し得ることが自覚されるのである。というのは、夜の寝がけというものは、だれにでもその大脳に制止作用が生ずるので、たとえ雑念妄念が発生しても、自己の心の狙い処を、明るく朗かに、活々として勇ましくという点に置いて思考聯想を行うと、比較的それに凝念することも、極めて容易に出来るように、本来的に精神機能が作られているからである。(中村天風、真人生の探求p126)」

聯想暗示法を実践するのはちょっと難しいと思うかもしれませんが、実際に試してみると習慣化しやすいと中村天風氏は断言しております。

なぜなら、夜眠るときは大脳に制止作用が生じるので、雑念妄念が出てきても、自分の心を「明るく朗らかに、活々として勇ましく」という点に狙って思考聯想を行えば、「明るく朗らかに、活々として勇ましく」を考えやすいのです。

また、夜眠るときであれば「明るく朗らかに、活々として勇ましく」が簡単に出来るように、元々心が作られているからです。これを利用しない手はないですね。

寝る前は暗示感受習性が一日で最も旺盛になる

「夜の寝がけの際は、人間の精神の暗示感受習性が、一日中最も旺盛になる時なので、これを心理学では、ラッポ―期の状態というが、そのラッポーの旺盛である夜の寝がけに、こうして、意識的に自己自身の心を持ち更えて、積極的の思考聯想を行いながら睡りに入るようにすると、その積極的の思考が、期せずして、強力な暗示として、潜在意識領に的確に受容印象され、当然観念要素は行うに従って、寧ろたやすく積極的に更改されるのである。(中村天風、真人生の探求p126~127)」

さらに夜寝ようとするときは、「暗示感受習性」が一日の中で最も旺盛になるときです。日中よりも自己暗示を誘導しやすくなるというわけです。夜寝ようとするときに積極的なことだけを考えれば、消極的だった観念要素もどんどん更改されていくわけです。

*ラッポーというのは古い言葉のようで探してみてもよく意味はわかりませんでしたが、そんなことはどうでもいいので言葉の意味探しをして批判する愚の骨頂的なことはやめましょう。

ただ無邪気に心を楽しく過ごさせてあげよう

「ただ無邪気に、明るさと朗かさと活々とした勇ましさを感じることを思考聯想すれば、それでよいのである。別にこれを行うに信念を特に必要とするのでもなく、また難しい疑念的の努力をする必要もない。寧ろ一日中あくせくと、精神も肉体も活動させたので、せめて夜の寝がけだけでも、その心をたのしく過ごさせてやろうという位の、平易な気持でこれを行えばよいのである。(中村天風、真人生の探求p127)」

だから、ただただ無邪気に、心が明るくほがらかで勇ましさを感じられるようなことだけを考えればいいのです。

聯想暗示法を行うのには信念も特に必要ではなく、難しい観念を考える必要もありません。一日がんばった自分の心と身体のためにも、夜眠るときだけでも、心を楽しく過ごさせてあげましょう。簡単ですよね。

聯想暗示法を実践さえすれば長い期間を待つことなく効果は出るよ

「この方法(聯想暗示法)は、これ以上多く言う必要もない程、その効果が行いさえすれば、多少人に依って遅速の相違はあろうとも、そう長い期間を待つこともなく、自覚的に意識される時が来るのは当然である。たとえば、今まではこんなことがあったらとても煩悶したのだが、今度は大して煩悶しないで解決したとか、今まではこんな気分のわるい体の調子のよくない時なんかには、とても神経を過敏にして心配したのだが、今度は存外平静な気持でおられるなどというように、何かなしに、自分の今迄の心持と相違した新しい強いものを、自分の精神状態に感ずるという尊い現象を、自覚的に発見するに至る。(中村天風、真人生の探求p127~128)」

聯想暗示法は夜寝るときに実行さえすれば、長い期間を待つことなく効果が出ます。もちろん人によって効果が出るまでの期間はまちまちでしょうが、聯想暗示法の効果を実感できると思います。

「これまで悩んでいたらずーっと悩んでいたのが。あまり悩まずに問題解決した」
「不健康になると健康のことだけをずーっと心配していたのがあまり気にしなくなった」

などこれまでの自分とは違う気持ちを心のなかに発見できると思います。私も以前は一度悩んだらずーっと悩んでいましたが、最近はあまり悩まないようになりました。もちろん心が落ちてしまうときはありますが、それでも復活速度は早くなったと思います。

気楽に聯想暗示法を実践しよう

「修行とか、践行とかいうような、格別難しい気持ちでなく、夜の寝がけの際の、安息の気分を楽しく過ごす位の気楽さで行うのが何よりである。(中村天風、真人生の探求p128)」

聯想暗示法は存在を忘れていてあまり実践できていなかったので、これからは気楽に徹底して夜眠るときは楽しく過ごしてやろうと思います。

睡眠は生命存続に極めて貴重な人生行事

「睡眠というものは、活力の復活に対してだけでなく、生命存続に必要とする諸般の条件整備のためにも、極めて貴重な実際的人生行事というべきで、従って、その貴重の人生行事を行おうとする直前ともいってよい、寝がけの際の心の持ち方というものが、どれだけ慎重に重視されなければならない(中村天風、真人生の探求p131~132)」

睡眠はとても大切な人生行事です。生命存続に必要なのです。だからこそ、睡眠の重要性を今一度考えてほしいと思います。

短時間睡眠はやめよう!睡眠は生きるために極めて貴重な人生行事だから睡眠の重要性に気づいてほしい件」も参考にしてください。

生きるためにも寝る前の考え方が重要

「活力がなくては、その生命を持続せしめることが絶対に不可能で、然もその大切な活力を、今正に我生命に受容するために行おうとする睡眠の直前こそは、出来る限り分量多く、それを受容する準備を正しく計画することが、生命に対する正当な責務である。
詮じ詰めれば、寝がけの心持を、怒りや、悲しみや、恐れや、その他の消極的感情から遠ざけて、出来る限り明るく朗らかな、活々とした勇ましさで、睡りに入るまでの時を尊く過ごすということは、取りもなおさず、活力の完全受容に対する正当な準備を実施したことになり、同時に生命に対する、これまた正当な責務を全うすることとなるのである。
そしてその結果は、生命確保に根源的に必須とする積極的精神作成の第一条件である観念要素の更改を現実化し得て、精神作用を掌握する感応性能を積極化し得るだけでなく、延いて生命諸般の全機能にまで多分の利益を与え得ることとなるのである。(中村天風、真人生の探求p132~133)」

活力がなければ生命は存続させることができません。スマホだって充電が切れれば動かなくなります。寝る前というのは大切な活力を出来る限り多く受け取るための準備をすることが生命に対する責務です。

なので、寝る前は怒り、悲しみ、怖れなどの消極的な感情を考えることなく、出来る限り明るく朗らかさで、活々とした勇ましさで眠るまでの時間を尊く過ごすべきなのです。そうすれば、活力を完全に受け取る準備をしたことになるのです。

その結果、積極的な心を作るための第一条件である「観念要素の更改」ができるようになり、感応性能を積極化でき、さらに生命の全機能にまで多くの利益を与えることができるようになるのです。

寝る前に消極的なことを復習しない

「世人の多くは、寝がけというと殊更に昼間心に感じた怒りや、悲しみや、怖れや、その他消極的のことを、より一層鮮明に心のスクリーンに映写しなおして、清く尊くたのしく過ごすべき床の中にまで、命も魂もけがしてしまうような穢れを持ち込んで、中にも滑稽な人になると、それをいつまでも心から離さず、徒らに神経を昂奮させ、空しく半夜転々として寝もやらず、ますます心の消極化を増大してしまうという、愚か以上の無茶なことを行って、知らぬこととはいえ、ただ単にそれが精神生命だけでなく、命の全体にまで測り知れない大きい損害を与えているということを気づかずにいる。
これというにも元来、睡眠の直前の心の持ち方というものが、どれほど生命に対して重大なものであるかを知らないため、その神聖さを保とうとしないからである。(中村天風、真人生の探求p133)」

私もよくやってしまっているのですが、寝る前に日中感じた嫌なことを自然と考えてしまうんですよね。勝手に自分の心のスクリーンに消極的な思い出を復習してしまっているのです。

本来楽しく過ごすべき尊き布団の中に不要な汚いものを持ってきてしまっているのですよね。そして、嫌なことを考えるとやっぱり眠れないし、どんどん心は消極的になってしまうので、全くいいことはないんですよね。命にまで損害を与えているとは…

これも中村天風氏の言う通り、寝る前の心の持ち方がどれだけ生命に大して重大であるか知らないから、神聖なる積極性を保とうとしないんですよね。反省orz

寝る前に命がけで考えないといけないことってある?

「この大切な命に大きい損害を与えてまでも、言い換えれば、命がけで考えねばならぬというような大事件が、そうちょいちょいとあるものであろうか(中村天風、真人生の探求p134)」

人生において命がけで考えないといけないことなんてありません。命を削ってまでも嫌なことを考えないようにしましょうね。

寝る前に命がけで考える嫌な出来事ってそんなにある?日中でも消極的な考えで命を削らないようにしよう」も参考にしてください。

下手な考え休むに如かず

「一日の人生活動に相当に消耗された、エネルギーの不足しているであろう精神生命で、完全な論理思索や正当な思考が行われるであろうか。冷静を欠いて、昂奮した乱調子の心で何で妥当な解決策が作られようか。(中村天風、真人生の探求p134)」

寝る前の疲れ切った頭でまともな解決策を考えられるでしょうか?「下手な考え休みに如かず」ってやつです。

嫌なことを考えてしまったときは「下手な考え休むに如かず」という言葉を思い出してほしいんだよねー」も参考にしてください。

一度死んだら二度とこの世に生まれて来ないのだから命を真剣に大切にしよう

「が何れにしても、人間は一度死んだら二度とこの世に生まれて来ないと知ったら、もう少し命を真剣に大切にしたらどうであろう!そして真剣に命を大切にしようと思うなら、今生只今この時の生命を、最も力強く活かさなければうそである。精神生命を消極的事項と組んづほぐれつさせて、何で力強い命が出来上がろう。力強い命は、積極精神が現実化されないと徹底しない。(中村天風、真人生の探求p134~135)」

一度死んだら二度とこの世に生まれることはできません。仮に輪廻転生があったとしても同じ人間として生まれることはないでしょう。宇宙根本に還ったとしても別のものになるでしょう。

だからこそ真剣に命を大切にしなければいけないのです。せっかく生まれたんだから、生まれさせてもらったんだから、力強く生きましょう。

消極的なことばかり考えていたら、力強い生命になることなんてできません。力強い生命になりたいのなら積極的な心になるように徹底しましょう。

簡単にできるんだから実践しよう

「しかもそれが到底不可能のことならともかく、科学的にいえば、万有の根源である自然の力、哲学的にいえば、万物能造の神の力と結合し得る睡眠の直前、その結合のスイッチともいうべき心の態度を、簡単な心がけで持ち直すことに依って、よくその目的を達成し得ると知ったら、明日ともいわず今夜から直ちに実行すべきである。(中村天風、真人生の探求p135)」

心を積極的にすることが不可能ならできませんが、実際には寝る前の心次第で簡単に積極化することができます。

そのためにも、科学的に言えば自然の力、哲学的に言えば神の力と結合する寝る前に、自然や神の力と結合するためのスイッチとなる心の態度を積極的にするだけです。そして、明日じゃなくて今夜から聯想暗示法を実行しましょう!

座禅などこれまでのやり方では積極的になりにくいことに注意しとこう

人によっては座禅や旧来の心を積極的にする方法でもいいじゃないかと反論されるかもしれません。確かに、座禅などこれまでのやり方でも積極的になることは可能です。

ただし、相当の修行と時間と余裕が必要なので現代人には不向きです。それよりも聯想暗示法をやるのが圧倒的におすすめです。

座禅など旧来の方法で積極的になろうと思ってもなかなか積極的になりきれない理由」も参考にしてください。

感想

聯想暗示法はとにかくすごいですね。かなり長文でまとめましたが、本を読まないと中村天風氏の本当の意図はわからないと思います。「真人生の探求」を絶対読むべきことを断然おすすめします!

今まで命令暗示法と断定暗示法はやってたけど、聯想暗示法の存在を完全に忘れていたので、これから毎晩聯想暗示法を徹底することにします!寝がけの気持ちは本当に大切ですね。

メインカテゴリ