MENU

なりたい自分になっちゃった!朝目が覚めたらすぐに断定暗示法をかけて自分を積極的に断定してあげよう!

2020年09月04日 公開

自分で自分のことを積極的に断定してあげることってありますか?気づくと否定ばかりしてなりたくない自分になってしまってはいませんか?

実はなりたい自分になっちゃったと思える方法があります。朝目が覚めたらすぐに断定暗示法をかけて自分を積極的に断定してあげようという件をお伝えします。

断定暗示法とは?命令暗示法とセットで行う!

「朝目が醒めたら、なるべく生活行事に携わらないうち、理想からいえば目覚めた直後程なおよい、前夜命令した事項を、既に具体化された状況で、断定した言葉で表現するのである。(中村天風、真人生の探求p142)」

「前夜「信念が強くなる!」と命令したら、それを「今日は信念が強い」とか「私は信念が強くなった」というように、その時の自己の状態にかかわりなく、仮想的断定を言語で我と吾が耳に聞こえるように断定するのである。(中村天風、真人生の探求p143)」

断定暗示法とは、朝目覚めたらすぐに前夜に「命令暗示法」で命令した項目を断定する暗示法のことです。

前夜に「積極的になれ!」と命令をしたら、朝目が覚めたら「積極になった!」というように、そのとき自分が積極になっていようがなっていまいが、自分が積極的になったと仮定して自分の耳に聞こえるように断定暗示をかけます。

「この方法は前記の命令暗示法と併立して実行すべきもので、命令暗示法の可能性を的確にする補助法(中村天風、真人生の探求p142)」

断定暗示法も自己暗示誘導法の1つであり、命令暗示法とセットで行う暗示法です。夜眠る前に命令暗示法を行い、朝に断定暗示法を行うことで、命令をより現実化しやすくなる補助法となっています。

「この方法の目的はどこにあるかというと、命令暗示法に依って潜在意識に暗示づけられたものを、実際的に人生に役立たせるために、実在意識領に引戻すという意味なのである。(中村天風、真人生の探求p143)」

断定暗示法の目的は、命令暗示法で潜在意識に暗示をかけたものを、実際の人生で役立たせるために、実在意識に戻すということにあります。命令暗示は潜在意識で、断定暗示は実在意識ということだと思います。

鏡は必須ではない

「これには格別鏡面を必要としないが、用いればなおよい。しかしこの場合の鏡は、命令暗示法の際ほど絶対的に必要としない。即ち鏡なしでよいのである。(中村天風、真人生の探求p142)」

命令暗示法のときは鏡が必須でしたが、断定暗示法では鏡が必須ではありません。もちろん鏡があったほうが効果的ですが、鏡がなければない状態で断定暗示法をしても効果があるので気楽に行なえます。

断定暗示法は1日に何度も行ってOK

「断定暗示は、命令暗示法と反対に、一日の中、何度でも折ある毎に行ってよいのである。寧ろ回数多く行う方が効果が多い。(中村天風、真人生の探求p143)」

命令暗示法は夜眠る前に1回というのが基本的なやり方でしたが、断定暗示法は朝はマストで日中何度も行ってもOKとされています。

ちなみに私は最近、命令暗示法と断定暗示法で自分にかけたい命令暗示をスクショしてスマホの壁紙にすることで潜在意識に刷り込んでいます。気づいたときに断定暗示法をかけられますしね。

感想

断定暗示法は「命令暗示法」とセットで行う自己暗示誘導法の1つです。夜眠る前にかけた命令暗示をより現実化させるためにも、朝目が覚めたらすぐに断定暗示をしてあげましょう。これも非常に簡単な方法ですが、気楽に生きるためのおすすめの方法です。

真人生の探求」の第二章が中村天風氏の真髄を体系的に一番説明していると思えるので完全理解するためにもぜひお読みください。

メインカテゴリ