MENU

人口5万人以下は消滅可能性都市?都市規模別の65歳以上人口指数の推移

2024年01月16日 更新2024年01月16日 公開

都市規模別の65歳以上人口指数の推移をご紹介します。人口5万人以下の都市は、本当に消滅可能性都市になると思わされるデータです。

都市規模別の65歳以上人口指数の推移

都市規模別の65歳以上人口指数の推移

都市規模別に見た65歳以上人口指数(内閣府)の図を参照

年度 全国 大都市 人口30万人以上(大都市除く) 人口10万人以上30万人未満 人口5万人以上10万人未満 人口5万人未満
2015年 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0 100.0
2020年 106.8 107.5 107.9 107.3 106.9 104.3
2025年 108.5 110.6 110.4 109.1 108.2 103.6
2030年 109.7 114.9 112.8 110.2 107.9 100.5
2035年 111.7 121.3 116.6 112.1 107.7 96.6
2040年 115.9 129.9 123.0 116.3 109.9 94.3
2045年 115.9 133.4 124.4 116.1 108.3 89.7

5万人以下の都市は消滅するかも

10万人以上の都市であれば、65歳以上の人口指数も増えていきます。しかし、5万人以下の都市は65歳以上の人口指数さえもマイナスとなっています。

人口5万人以下の都市は、本当に消滅していく可能性があるなと感じます。武豊町も4万3千人なので、あまり楽観的なことは考えていられないなと思いました。

国の少子化対策を待っていたら、本当に人口減がリカバリーできないところにまで来るかもしれません。

著者

とばひさし とば ひさし
武豊町議会議員、日本維新の会
IT・Web会社の社長
詳細プロフィール

メインカテゴリ