サニーデイ・サービスの「春の風」が疾走感のあるロックンロールで中毒性のある名曲すぎるので聞いてほしい

2021年07月09日 公開

最近サニーデイ・サービスの「春の風」という曲ばかり聞いています。CD版もライブ版もどっちもかっこいんだよね。サニーデイ・サービスの「春の風」が疾走感のあるロックンロールで中毒性のある名曲なので聞いてほしい件をお伝えします。

サニーデイ・サービスっぽくないロックンロールな曲

サニーデイ・サービスは曽我部恵一BANDに比べるとそこまで聞いていないのですが、あまりロックンロールな印象は少ないです。

でも、「春の風」はいい意味でサニーデイ・サービスっぽくなくて、疾走感のあるロックンロールな曲ですね。どちらかといえば曽我部恵一BANDっぽいというか。新メンバーになったのもあるかもしれない。

曽我部恵一は3ピースのほうが魅力的かも

これも個人的な感想ですが、曽我部恵一は3ピースのほうがいいのかもと思いました。私は曽我部恵一BANDのイメージが強いので、結構ちゃんとギター弾くんだなと思いましたw

歌詞もいい意味で曽我部恵一らしい

曽我部恵一の歌詞ってなんか独特ですよね。春の風は最初の

「今夜でっかい車にぶつかって死んじゃおうかな」

ってところで心を掴まれるような気がします。ちょうど今そんな感じの人生だから、すごく心に響く。死んでなるものか。そんで、サビの

「行きずりのだらしないキスで」
「きみの匂いをかがせて」

とか曽我部恵一らしい、いい意味で気持ち悪い恋愛観の歌詞ですよね。それなのに名曲になっているのがすごいなと思います。

歌詞のあやうさとメロディの美しさのちぐはぐさ、衝撃がすごくマッチしているなと思います。上海レストランとかもロック好きにはたまらないキーワードですよね。

ライブ版がおすすめ

「春の風」は渾身の一作とのことで、ちゃんとPVもライブ版も公式動画がアップされています。PVも素敵です。PVバージョンとPVのスマホの中で映っている演奏映像が2回流れるのもいいですね。作業BGMとしても重宝します。音源には、音源の良さがあります。

でも、今回は個人的にはライブ版の「春の風」がすごく好きです。3ピースバンドの良さが際立っていると言うか、シンプルな構成ゆえに歌の良さが光ります。

ギターもこっちのアレンジのほうが好きです。すごいロックしている印象です!なんか、初期3人ロッソの初期衝動みたいな感じの疾走感で好き!ブランキーっぽい感じもする。

音源だとサイドギターも入っているけど、ライブだと3ピースだから、必要最小限の音でしっかりと曲を表しているのが素敵なんですよね。ギターがシンプルでも、かっこいいわ。歌が心に響く。

感想

曽我部恵一BANDの「満員電車は走る」が、曽我部恵一の曲の中で一番好きだったのですが、今は「春の風」が一番好きですね。

曽我部恵一ってすごい名曲を作るから、長く活動できているんだろうなと思います。なんか不思議な魅力があります。まじで名曲だと思うので、「春の風」をぜひ聞いてみてね。

<春の風の収録アルバム>

メインカテゴリ