MENU

あのちゃんの「ちゅ、多様性。」が「LOVEずっきゅん」に似ている理由【真部】

2023年02月22日 更新2023年02月22日 公開

「ゲゲゲのゲゲゲのゲロチュー」

という歌がたまたま流れて、あのちゃんの歌かなと思ったら、「ちゅ、多様性。」という曲でした。すごくキャッチーないい歌で、何かの歌に似ていると思いました。相対性理論の「LOVEずっきゅん」に似ているなと思ったのです。

あのちゃんの「ちゅ、多様性」が「LOVEずっきゅん」に似ている理由をお伝えします。

作曲者が相対性理論の真部

私が20代のときサブカル系の人に人気だった、相対性理論というバンドがあります。久保みねヒャダでナレーターをしている、やくしまつえつこさんがボーカルのバンドです。

「ちゅ、多様性。」って「LOVEずっきゅん」に歌の構成が似ています。イントロからサビの流れも似ています。ギターやベースも相対性理論感がすごいです。

そして、「ちゅ、多様性。」の作曲者を調べてみたら、相対性理論の真部脩一さんでした。相対性理論の歌って、今の若い人にも通用するんだなと思ってうれしくなりました。

大人気になる曲の本質は、同じなんだと思いました。そして、真部さんのブレないすごさを感じました。進行方向別通行区分のときから好きなんですが、まるでぶれてないですよねw

若い人だけじゃなくて、おっさんホイホイもできる曲だと思っています。

サビの強烈さ

「ゲゲゲのゲゲゲのゲロチュー」

という強烈なサビも人気の理由だと思います。実際には、

「Get-get-get on!Get on Chu!」

なのですが、どうやっても「ゲロチュー」に聞こえますよねwこの強烈なサビが、中毒性を引き起こすと思います。「LOVEずっきゅん」も

「LOVE LOVE LOVE ずっきゅん」

というサビが頭から離れなかったんですよね。コントレックス箱買いも強烈でしたがw

ギターやベースも相対性理論っぽい

イントロからサブカル感満載の、相対性理論っぽいギターやベースがいいですよね。途中でRADっぽいギターもありますが、真部さんらしいアレンジだなと思います。

あのちゃんの声が魅力的

あのちゃんの声が、真部さんの歌にすごく合っているなと思います。やくしまつえつこさんの声もすごく魅力的でしたが、あのちゃんの声もすごく魅力的です。やっぱり、声って大事ですよね。

感想

あのちゃんのゲロチューこと「ちゅ、多様性。」が、相対性理論の「LOVEずっきゅん」に似ているのは、相対性理論の真部さんが作曲しているからでした。

いろんな意味でもバズを引き起こす曲の本質は、昔から同じなんだなと思いました。最近、ずっとゲロチュー聞いています。

著者

とばひさし とば ひさし
武豊町議会議員、日本維新の会
IT・Web会社の社長
詳細プロフィール

メインカテゴリ