簡単に短時間でぬめり取りが可能で柔らかい!冷凍したタコを解凍してぬめりを取るメリットとデメリット

2021年06月16日 公開

タコのぬめりを取るために、せっせと塩もみをするのですが、塩もみはとっても重労働です。実は簡単に短時間でぬめり取りができる方法があります。

それは冷凍したタコを解凍することです。今回は、冷凍したタコを解凍してぬめりを取るメリットとデメリットをお伝えします。

タコは冷凍しても味が変わりにくい

タコは冷凍しても味が変わりにくい生き物です。なんとなく冷凍しているなとはわかりますが、別に生のタコを塩もみした場合と比べても、そこまで味が落ちているとは思いません。好みや味覚の問題ではありますが、一般的な冷凍よりも味が影響しにくいです。

冷凍すればぬめり取りが簡単になる

タコのぬめりを取るために塩もみをするのは大変です。数十分から1時間はかかります。正直体調が悪いときや、塩もみする気力がないときもあります。そんなときはタコを冷凍しておきましょう。

冷凍したタコを解凍して洗えば、ぬめりが簡単に取れるよ

冷凍したタコを自然解凍させて、水で洗うとぬめりが簡単に取れます。塩もみをしなくてもいいレベルですし、塩もみするとしても1回だけすればいいレベルです。まじで簡単にぬめりが取れるので、本当に楽ちんです。

冷凍する前に内臓は取っても、取らなくてもOL

鮮度や臭いにこだわるなら、冷凍する前に内臓は取っておくのもよいでしょう。半解凍の状態だと、内臓が取りにくいケースがあるからです。

ただ、内臓を取るのは結構面倒なので、無理に内臓は取らなくてもいいかなと思います。冷凍した内臓は使うことはないと思うし、すぐ冷凍すればそこまで内臓の臭いは気にならないと思います。

冷凍したタコを解凍してぬめりを取るメリット

冷凍したタコを解凍してぬめりを取るメリットはいくつもあります。

簡単に短時間でぬめりが取れる

やはり簡単に短時間でぬめり取りができることです(冷凍・解凍時間は除く)。

生のタコを塩もみしている人ならわかると思いますが、塩もみはまじで大変です。大きいタコになると、なかなかぬめりも取れません。あの重労働から開放されます。

タコに塩味がつきにくい

塩もみをしなくてもいいので、タコに塩味がつきにくいです。塩分控えめなタコを食べたいならおすすめかなと思います。茹で汁を再利用する場合の、塩分調整にもいいですね。

タコが柔らかくなりやすい

塩もみの必要性が低いので、塩もみによる影響を受けにくく、タコを柔らかくしやすいです。茹で時間を短くすれば、柔らかいタコを楽しめます。

冷凍してもそこまで味は変わらない

あと、タコは冷凍しても味がそこまで変化しないのもメリットですね。冷凍するとまずくなる魚介類は多いですが、そうでもないのがメリットです。

冷凍したタコを解凍してぬめりを取るデメリット

冷凍したタコを解凍してぬめりを取るデメリットもあります。

生のタコより少し味が落ちる

生のタコと比べて少しだけ味が落ちることが最大のデメリットです。そこまで気にはならないし、好みの問題はありますが、私はやはり生のタコを塩もみしたほうが好きです。まあ、塩味のあるタコが好きなのもありますが、生のタコのほうがうまいかな。

冷凍庫の場所を取る

冷凍すると冷凍庫の場所を取るのがデメリットですね。大きいタコがずっと冷凍庫にあると結構邪魔ですw

冷凍と解凍時間を計算しないといけない

冷凍時間と解凍時間の計算をしないといけないのも面倒かな。気が向いたときに、ぬめりが取れるわけではないのです。まあ、塩もみするときもかなり時間がかかりますから、どっちもどっちですがw

でも、デメリットはそれくらいなので、塩もみが面倒なときは、生タコでも冷凍しちゃおうかなとは思っています。

冷凍したタコを解凍した日の茹でタコレシピ

塩もみ前のタコの重量 2,650g
塩もみ 5gで1回
茹で時間 15分
お湯 茹で汁再利用12回目
冷まし方 常温から冷蔵庫で冷ます

<解凍前>

解凍前のタコ20210602

<塩もみ前>

塩もみ前のタコ20210602

<茹でた後>

茹でた後のタコ20210602_1

茹でた後のタコ20210602_2

感想

食べ物は生派なので、冷凍するのはずっと避けていましたが、あまりに疲れた日があったので、実験も兼ねて冷凍してみました。

実際に冷凍し、解凍してからぬめりを取るのは簡単だし、味もそこまで落ちなかったので、いい方法だなと思います。あとは、生派か冷凍派かは好みの問題なので、皆様ご自分でお試しあれ。

タコの臭いを取る塩もみ方法(ぬめり取り)とおいしいタコの茹で方」も参考にしてください。

メインカテゴリ