吸盤のサイズがポイント!タコのオスとメスの見分け方

2021年06月15日 公開

タコのオスとメスの区別がつかないという人は多いともいます。しかし、タコのオスとメスは吸盤のサイズで見分けることができます。タコのオスとメスの簡単な見分け方を紹介します。

メスの吸盤はサイズが同じできれい

多分メスのタコの足

メスとオスの簡単な見分け方ですが、メスの吸盤はきれいに並んでいてサイズ感も同じです。吸盤が美しいと思ったら、だいたいメスです。

オスは吸盤のサイズがバラバラで、1本だけ足が小さい

多分オスのタコの足

一方、オスはケンカするので吸盤のサイズがバラバラです。吸盤の大きさがバラバラで、メスのようにきれいに並んでいないのが特徴です。多分上の写真はオスだと思うんだよな。こんだけタコを仕入れているのに、オスは全然お見かけしないのです。

また、オスは1本の足が交接器になるため、1本だけ足が小さくなります。そのため、1本だけ小さい足があるなと思ったら、オスです。先端に吸盤もありません。

吸盤で見分ければOK

つまり、吸盤のサイズが同じできれいに並んでいたらメスです。一方、吸盤のサイズがバラバラで、大きい吸盤や小さい吸盤が雑然と並んでいたらオスです。

卵でもわかるよ

メスのタコの卵

内臓をさばくと卵があることも多いです。卵があればメスです。左下にあるでかいのは卵です。これはデカすぎますね。

販売されているタコはメスが多い

余談ですが、魚屋さんで販売されているタコはメスが多いです。やはりメスのほうが高値で売れるからと推測。一般的にメスのほうがおいしいとされているので。

感想

タコのメスは吸盤のサイズが同じで、きれいに並んでいるのですぐわかると思います。むしろ、オスのタコはなかなか仕入れることができないので、ほとんど見たことないというのが実情ですwさーせん。

タコの臭いを取る塩もみ方法(ぬめり取り)とおいしいタコの茹で方」も参考にしてください。

メインカテゴリ