MENU

釣った魚に餌をやらないと言う人は、人の気持ちがわからない発達障害の可能性が高いので別れた方がいいかも

2021年04月27日 公開

「私は釣った魚に餌をやらないタイプなの」と言う人ってたまにいませんか?釣った魚に餌をやらないと言う人は、人の気持ちがわからない発達障害の可能性があるので、結婚していないのであれば、別れたほうがいいかもと思う件をお伝えします。

「釣った魚に餌をやらない」の意味とは

魚を釣った女性

「釣った魚に餌をやらない」とは、魚を釣るときは餌をつけるのに、釣った魚には餌をあげないという意味です。つまり、釣り上げるまでは優しいのに、釣ってからは冷たくなるという意味です。デレツンですね。

人間社会における「釣った魚に餌をやらない」の意味とは

人間社会における「釣った魚に餌をやらない」とは、付き合うまではプレゼントやら愛の言葉やらを捧げるのに、いざ付き合って目的を果たすと、急に冷たくなる人を意味します。

釣った魚に餌をあげられない人は人の気持ちがわからない可能性が高い

単純に「致したい」が目的で付き合う前は優しくて、付き合ったら冷たいという人は別にどうでもいいです。それはそれで仕方ないので。すぐ別れるでしょう。

でも、厄介なのは、その後も長く付き合うのに釣った魚に餌をやらずに冷たくなるタイプです。なぜなら、人の気持ちがわからない可能性があるからです。

なぜそう思うかというと、私が釣った魚に餌をあげないタイプの人間だからです。最近は改善傾向にありますが、ひどいときは自分の損得しか考えていませんでした。

まるで人の気持ちなんてわからないんですよね。だから無意識に生きると人に嫌われるわけです。また、

「私は釣った魚に餌をあげないタイプなの」

と断言した美人もいます。当時は「美人だから仕方ないのかな」なんて思っていました。でも、その人と長くいることでわかったことがあります。「多分、人の気持ちがわからない人なんだろうな」ということです。

私も釣った魚に餌をやらないタイプではあるので、その美人のことを強くは言えませんが、同じ臭いを感じるのです(多分アスペかアダルトチルドレン系)。

その人は人の気持ちを考えないので、割と無神経に発言をして人を怒らせます。私もそうです。会話も同じくやっぱり一方的です。最初は楽しいけど、ずっと一緒にいると結構疲れます。

でも、その人はとても美人なので釣った魚に餌をやらずに餓死(別れた)させたとしても、次の男を釣れるわけです(釣っているのか釣られているのかわかんないですよねw)。だから、自分が悪いことに気づかないわけです。

「釣った魚に餌をあげない」と言う人は発達障害の可能性があるので注意

ということで、非常に個人的なソースとはなりますが、自分のことを「釣った魚に餌をあげない」と言う人と付き合うことはやめときましょう。

今思えば、そんな発言をする時点で、自分が他者からどう見られるかもわかっていないわけです。人の気持ちがわかっていないわけです。まともな人なら、心で思ってもそんな発言はしないわけです(あえて嫌われたいとき以外)。

なので、こんな発言をする時点で、人の気持ちがわからないタイプなわけです。そして、人の気持ちがわからない人は、発達障害である可能性も高いです。

だから、釣った魚に餌をやらない人とは、結婚前であるなら早めに別れたほうがいいと思うわけです。ちゃんと調教できるならいいよ。でも思考回路が普通とは違うので大変だよ!多分受け入れるしかないと思う。

なので、ちゃんと添い遂げる自信がないのであれば、付き合わないほうがいいし、結婚する前なら別れることも検討したほうがいいと思います。

感想

個人的なデータとはなりますが、「釣った魚に餌をやらない」と断言する人は、人の気持ちがわからない可能性が高いです。また、人の気持ちがわからないタイプは発達障害の可能性があります。

短期的に付き合うのはいいですが、長期的に付き合ったり、結婚したりすると本当に大変なです。「釣った魚に餌をやらない」と発言した人には、注意することをおすすめします。

メインカテゴリ