MENU

最高の名言!身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。

2020年09月07日 公開

心の態度というものは人間の健康や運命に大きな影響を与えます。だからこそ「身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。」という考え方が大切なのです。これは私が思うに最高の名言です。

どんなときでも積極的であるのが宇宙真理

「人生人として生きるものは、どんな場合にも、即ち、健康の時でも不健康の時でも、また幸運の際にも、不運の際にも、否どんな苦難不如意の時であっても、その心は断固として積極的に、厳として把持しなければならないというのが、人間に与えられた宇宙真理であると同時に、また人として厳守すべき自然法則(中村天風、真人生の探求p92)」

病気のときでも不幸なときでも心だけは積極的であらねばならないのが宇宙真理です。この宇宙真理を知っているか知っていないかで人生の結果は大きく変わってしまうと思います。そして、この宇宙真理を理解するのに役立つのが下の言葉です。

身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。

「身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。(中村天風、真人生の探求p92~93)」

「身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。」という言葉は私の座右の銘でもあり、大好きな言葉です。

病気のときであっても心まで病気にする必要はありませんし、運命が悪かったとしても心まで悩ます必要なんてないのです。

この言葉を思い出すととても積極的な気持ちになり、病気にも不運命に負けないぞと思えるのです。病気でも不幸でも心まで悩ます必要なんて本当はなかったんです。悩まないといけないみたいなアホな現代社会の雰囲気に呑まれていただけなんですよ。

心の態度が健康だけでなく運命にも影響するから

「身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。」ということが大切な理由は以下の文章を読むと理解できるかなと思います。

「心の態度というものは、このように肉体生命内のいろいろの作用や力に影響を与えるばかりでなく、人の運命の上にも、やはり同じような不良の影響を及ぼす(中村天風、真人生の探求p91)」

心の態度(積極的か消極的か)というものは、人間の体に様々な影響を与えます。積極的であれば健康も良くなりますが、消極的であればストレスが溜ってどんどん不健康になってしまいます。

しかも、心の態度は健康面だけでなく運命にも影響を及ぼしているのです。だから、心の態度というものはすごく大切なのです。なので、どんなときでも「身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。」であれと言うわけです。

消極的な心になるのは当たり前?消極的になってはいけない理由は生命や運命に悪影響を与えるから」も参考にしてください。

感想

「身に病ありとし雖も心まで病ますな。運命に非なるものありとしも心まで悩ますな。」という言葉は本当に素晴らしい言葉です。最高の名言ですね。何度見ても心が震える。

今は意味がわからずとも知っていればそのうちこの言葉のすごさに気づくはずです。病気のときでも不幸なときでも心まで病気にしたり、悩ませたりしないようにしましょうぜ!

メインカテゴリ