MENU

嫌なことを考えてしまったときは「下手な考え休むに如かず」という言葉を思い出してほしいんだよねー

2020年08月29日 公開

日常生活であれこれ嫌なことばかり考えてしまっていませんか?それで毎日楽しいですか?嫌なことを考えてしまったときは「下手な考え休むに如かず」という言葉を思い出してほしいんだよねー

「下手な考え休むに如かず」の一般的な意味とは?

「下手な考え休むに如かず(下手な考え休むに似たり)」の意味とは、将棋や囲碁などで下手な人が名人と勝負をしたときにあれこれ考えても時間の無駄だという皮肉的な意味が込められています。長考するなってやつですね。

時間制限のある中で無駄な考えはしないことを諭す言葉とも考えられます。でも、そうすると本来考えないといけないときでも考えないというふうに勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

座禅的に考えると「何も考えるな」という本当の意図がわかる

「下手な考え休むに如かず」の一般的な意味は上記だと思いますが、この意味だけがこの言葉の意図ではないように思います。座禅的に考えると本当の意図がわかると思います。

「禅家の教義にも、心の波立つ時や、乱れ騒ぐ時は、先ず坐れというのがある。これは要するに、下手な考え休むに如かずということを、悟らしめようとする位置方便といえる。(中村天風、真人生の探求p134)」

座禅の教義の中にも、心が乱れたときにはまず座ろうという教えがあります。消極的なことを考えてしまったときは座禅をしろということです。

つまり、「下手な考え」に該当する「消極的な考え」をしてしまうくらいなら、「消極的なことを考えない」方がいいということです。「下手な考え」をするくらいなら「何も考えない」方がいいということです。

しかし、座禅的な立場で考えると違う意味になると思います。消極的なことを考えるくらいなら考えないほうがましだということを教える言葉なのです。要は「下手な考え」をするくらいなら「何も考えるな」ということです。

だって、消極的なことを考えるのは本当に時間の無駄だからです。これは完全なる「下手な考え」だからです。

寝る前に「何も考えない」のは難しいので楽しいことだけを考えよう

「一日の人生活動に相当に消耗された、エネルギーの不足しているであろう精神生命で、完全な論理思索や正当な思考が行われるであろうか。冷静を欠いて、昂奮した乱調子の心で何で妥当な解決策が作られようか。(中村天風、真人生の探求p134)」

睡眠というものはエネルギー回復だけでなく生きるためにとても大切な人生行事です。また、1日働いてエネルギーを消耗した頭で考えてもまともな考えをすることはできません。

人生問題が起きていたとしても、疲れ切った頭では正当な解決策を考えることは難しいでしょう。寝る前に消極的なことを考えることも「下手な考え」に該当するのです。

寝る前も「何も考えない」というのが理想の状態であると成功の実現で「理想からいったらば、寝がけは何も考えないほうがいいんです。」と中村天風氏も述べています。

でも、寝る前に「何も考えない」のは難しいです。考えるなと言われてあれこれ考えてしまうのが人間だからです。

こんなときにおすすめしたいのが「聯想暗示法」です。何も難しい方法ではなく、寝る前は心が楽しくなることだけを考えればいいのです。

感想

「下手な考え休みに如かず」という言葉は下手な人があれこれ考えてしまうのが時間の無駄という意味だけではありません。

日常生活で消極的なことを考えてしまったとき、つまり「下手な考え」をしてしまったときは、「何も考えるな」ということを教えてくれる言葉です。

私も消極的なことを考えてしまったら「下手な考え休みに如かず」というこの言葉を思い出して、消極的なことを考えないようにします。何も考えないのが難しいときは楽しいことだけ考えますね。

メインカテゴリ