MENU

国税と地方税の違いとは?税金の種類

2024年05月31日 更新2024年05月31日 公開

国税と地方税の違いとは何か知っていますか?国税、地方税といった税金の種類をご紹介します。

国税とは

国税とは、課税主体が国である税金のことです。所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税、酒税、たばこ税、自動車重量税などがあります。

地方税とは

地方税とは、課税主体が地方自治体である税金のことです。地方税はさらに「道府県税」と「市町村税」に分けられます。

住民税、事業税、固定資産税、地方消費税、自動車税などがあります。

国税の種類

所得課税

資産課税等

消費課税

地方税の種類

所得課税

資産課税等

消費課税

*租税には様々な税目がある中、いくつかの視点からの分類があり、国税と地方税は課税主体に着目した分類です。所得課税・消費課税・資産課税等は、税負担を経済活動のどの局面に求めているかに着目した分類です。

税金の種類1

税金の種類2

税金の内訳

令和5年度の国税・地方税

感想

税金ってめちゃくちゃ多いですね…こんなに税金取られてるのかと思うと、ちょっと嫌になりますね。正しい使い方をしてほしいです。今の税金の使い方には納得できないですね。

参考ページ

著者

とばひさし とば ひさし
武豊町議会議員
詳細プロフィール

メインカテゴリ