MENU

国債の利払い費と利率はいくら?

2024年02月10日 更新2024年02月10日 公開

国債の利払い費と利率はいくらでしょうか?

推移

国債の利払い費と利率の推移

年度 金利 利払費 普通国債残高
1975年 7.4% 0.8兆円 15兆円
1980年 7.4% 4.4兆円 71兆円
1985年 7.2% 9.7兆円 134兆円
1990年 6.1% 10.8兆円 166兆円
1995年 4.6% 10.7兆円 225兆円
2000年 2.7% 10兆円 368兆円
2005年 1.4% 7兆円 527兆円
2010年 1.3% 7.9兆円 636兆円
2015年 1.1% 8.3兆円 805兆円
2020年 0.8% 7.4兆円 947兆円
2021年 0.8% 7.2兆円 991兆円
2022年 算出まだ 7.3兆円 1043兆円
2023年 算出まだ 8.5兆円 1068兆円

*利払費は、令和3年度までは決算、令和4年度は第2次補正後予算、令和5年度は予算による。
*金利は、普通国債の利率加重平均の値を使用。
*普通国債残高は各年度3月末現在高。ただし、令和4年度は第2次補正後予算、令和5年度は予算に基づく見込み。

現在の最新の予測としては、利払い費は8.5億円、利率は0.8%となります。国債残高は1,068兆円です。

日本の借金はいくら?普通国債残高の推移」も参考にしてください。

感想

国債が増え続けると利払い費も増えていきます。利率が今は低いですが、利率が高くなると利払い費も高くなってしまいます。

足りないから国債ではなく、将来の税収アップの投資につながる国債としてほしいです。現状維持ではいずれ日本は本当に経済的に弱い国となってしまいます。

参考ページ

著者

とばひさし とば ひさし
武豊町議会議員、日本維新の会
IT・Web会社の社長
詳細プロフィール

メインカテゴリ