過去と未来を気にせず現在だけを考えよう!取越苦労をしてはいけない理由

2020年12月17日 公開

あなたは来るかどうかもわからない未来に悩んでいはいませんか?自分で自分の心にお化けを描かいているような取越苦労をしてはいけない理由をお伝えします。

取越苦労はくだらない

「取越苦労というもの位下らぬものはない。それは徒らに、心のエネルギーの消耗率を高めるだけで、何の得る処もない全損的行為であるからである。(中村天風、真人生の探求p163)」

取越苦労ほどくだらないものはありません。なぜなら、取越苦労をすることで心のエネルギーを消耗させるだけで、何も得ることがない、損するだけの行為だからです。

取越苦労をして心のエネルギーが高まるならいいですが、ただただエネルギーが減るだけなので何もいいことがない行動だとわかりますよね。

取越苦労をするのを当たり前だと思うな

「世の中の人の大部分は、殆んど共通的に、この価値のない人生に損失を招くとも利益を少しも見ることの出来ない取越苦労というものを、恰かも、しなければならない人生行事のように思い、いろいろの屁理屈をつけて行っている(中村天風、真人生の探求p163)」

世の中のほとんどの人は、人生に何の利益ももたらさず、損失ばかりもたらす取越苦労を、当たり前の人生行事だと思っています。しかも、いろんな理由をつけて、取越苦労を正当化しているわけです。

かくいう私も、取越苦労をすることは当たり前のことだと思い込んでいました。だって、みんな当たり前のように将来のことを心配するし、テレビやネットなどあらゆるメディアでも、未来を心配するのは当たり前だと煽っているからです。

でもね、取越苦労が当たり前だと思うこと自体が間違っているのです。このことに気づけると人生はとても気楽になるように思います。心配するようなことはあるようでないということだよ。大体人生なんとかなるものだし。

取越苦労をすればするほど苦しむ

「消極的観念から思考されるものなのだから、いつまでいくら考えても、決して自分の安心するような積極的方面に振り向け変えられず、ただ徒らに、思えば思う程に、考えれば考える程に、その思考は独自的の推察や、歪曲の断定で、混然とした紛糾錯綜のものとなり、いよいよ出でていよいよ迷い苦しむという結果を、吾れと吾れ自から作ってしまうという始末になる。(中村天風、真人生の探求p164)」

取越苦労は消極的観念から思考するものです。消極的な考え方をもって、どれだけ解決策を考えたところで、自分が安心するような積極的な考え方に変えることはできません。

取越苦労をすればするほど、その思考は自分勝手に悪い方向に考えたり、悪い結果を勝手に断定したりと、ろくな結果になりません。

「いよいよ出でていよいよ迷い苦しむ」結果を自分で作ってしまっているわけです。これでは自分で自分を傷つけているのと同じです。

自分で描いたお化けの絵で驚いているのと同じ

「まだ現実に現れていない自己の想像や推定で、生命確保に必須なエネルギーを消耗するというのは、痴愚以上のものである。何のことはない自分で自分の心のスクリーンにお化けの絵を描いて、自分で驚いたり怖れたりしているのだから、実に憤飯至極というべきである。(中村天風、真人生の探求p164)」

取越苦労をすると、まだ現実には現れていない自分勝手な想像や推定で、生命維持に必要なエネルギーを消耗していることになってしまいます。これはとても滑稽でおろかな行為です。

だって、自分の心のスクリーンに自分でお化けの絵を描いているのに、その自分で描いたお化けの絵を見て、驚いたり、怖れたりしているわけですw客観的に見れば、取越苦労というのはとても滑稽な行為だとわかるはずです。

また、有名な「杞憂」という言葉も取越苦労を表している例として、「真人生の探求」に記載されています。歴史は繰り返すのですな。

後で考えてみると悩む必要がないとわかる

「取越苦労がおおむね多くの場合、後になって見ると、さほど気にかけて心配しいしい考えて、苦労しなくってもよかったというような、俗にいう案ずるより産むが易いといったようなことであるのが、これまた殆んど通例である。(中村天風、真人生の探求p165)」

取越苦労というものは多くの場合、後になって考えてみると、そこまで気にかけて心配することもなかったし、そんな悩まなくてもよかったと思うことがほとんどです。だから、取越苦労をしても無駄なのです。積極的なことだけ考えればいいのです。

過去と未来を気にせず、現在だけを考えよう

「古訓にも「心は現在を要す。過ぎたるは逐うべからず。来らざるは邀うべからず」というものがある。
また古歌にも「さしあたる、その事のみをただ思え。過去は及ばず、未来知られず」というのがある。(中村天風、真人生の探求p166)」

中村天風氏が取越苦労の話をするときに紹介される言葉ですが、個人的に大好きな言葉です。まず、「心は現在を要す。過ぎたるは逐うべからず。来らざるは邀うべからず」です。

「心は現在だけを必要とします。過ぎてしまったこと(過去)を追ってはいけません。まだ来ないこと(未来)を迎えてはいけません。」という意味です。佐藤一斎の言志録が元ネタです。

心は現在だけを必要としていて、過ぎてしまった過去や来るかどうかもわからない未来なんて考える必要ないとわからせてくれる素敵な名言なのです。

次に「さしあたる、その事のみをただ思え。過去は及ばず、未来知られず」です。

「当面するそのことのみ(現在だけ)をただ思いなさい。過去は及ばないし、未来はわからない。」という意味です。古歌で中村天風氏以外の言葉みたいですが、ちょっと誰の言葉かはわかりませんでした。知っている人いたら教えて下さい。

これも本当にいい言葉ですよね。取越苦労の話をされるときに紹介される言葉で、こちらも大好きな名言なのです。

人生で大事なのは現在ですよね。本当の真理は、現在だけのことだけを考えればいいのです。それなのに戻ることのできない嫌な過去や、どうなるかもわからない未来のことなんて考える必要はないのです。

大事な現在だけを考えればそれでいいじゃないか、そう思える力がこの2つの言葉にはあると思っています。暗記できる人は暗記するのがおすすめですよ。

「心は現在を要す。過ぎたるは逐うべからず。来らざるは邀うべからず。さしあたる、その事のみをただ思え。過去は及ばず、未来知られず。」

私はこの2つの名言をセットで覚えることにしています。別の人が書いた言葉とは思えないくらいにセットにするとぴったりくるんです。

心は現在だけを考えないといけない重要性がわかるし、過ぎてしまった過去にいつまでもクヨクヨする、どうなるかもわからない未来を取越苦労したって無意味なことを伝えてくれます。

この言葉は過去や未来に思い悩んでしまったときにぜひとも思い出してほしい名言です。私も幾度となくこの言葉に気持ちを励まされました。今も励まされています。ずっと心に残したい素敵な言葉です。

積極的に考えれば取越苦労にならない

「そうかといって何事も考えるな、やり放しに抛り出して置けというのではない。消極的観念で考えることを断然止めて、考えねばならぬ場合は、積極的観念で思索すべしというのである。
言い換えれば、積極観念で行われた思索は、おおむね整然として、無駄なエネルギー消耗を招来するような取越苦労にならないからである。(中村天風、真人生の探求p168)」

取越苦労が無意味な行為だとわかったら、取越苦労を絶対にしないようにしましょう!ただし、注意点があります。

取越苦労をしてはいけないからといって、何も考えないというわけではありません。人生考えなければいけないことはあるからです。

だからこそ、何かを考えて答えを出さなければいけないときは、消極的に考えるのではなく、積極的に考えることが大切です。

積極的な考えは、整然としているので、無駄なエネルギーを消耗するような取越苦労にはならないからです。積極的な考えは決して取越苦労にはならないのです。消極的に考えるから取越苦労になってしまうのです。

積極観念の集中法【悪い結果になる場合でも明るいことだけ考えよう】」も参考にしてください。

感想

私はこの取越苦労の考え方がとても好きです。だって、私の悩みは過ぎ去った嫌な過去や、いまだに来ない将来のことばかりだからです。

「過去にあった失敗や後悔を、いつまでもウジウジ悩んで嫌な気持ちになる」
「将来のお金の不安、人間関係の不安や恐怖で生きるのが嫌になる」

というような感じです。変えようもない過去や来るかどうかもわからない未来のことばかり考えて、本当に大切な現在をちゃんと生きていないのだなと反省しました。

中村天風氏の取越苦労をやめる考え方をちゃんと実践すれば、人生はもっと気楽で楽しいものになるのは言わずもがなのことです。私は絶対取越苦労をやめてやるぜ!そんな素晴らしい人間になってやる!

メインカテゴリ