MENU

対人精神態度で積極的な心を崩さずに不健康・不幸な人には積極的な言葉だけを贈りたい件

2020年10月16日 公開

人は常に人と接して生きています。だからこそ人と接するときの対人精神態度というものを常に意識することが重要です。対人精神態度で積極的な心を崩さずに不健康・不幸な人には積極的な言葉だけを贈りたい件をお伝えします。

対人精神態度とは?

「自分以外の人に対する時の、自分の心の態度のことである。(中村天風、真人生の探求p161)」

対人精神態度とは、自分の以外の人と接するときの自分の心の態度のことです。対人精神態度というものがあると考えられるようになることが重要です。

人間は隠遁生活でもしない限り常に人と接しているので積極的な心を崩さない

「人間である以上、山中にでも隠遁の孤独生活をしていない限りは、絶えず自己以外の人と相接しまた交際する。がその時である。場合の如何をとわず、また事情の如何をとわず、積極的の心を断じて崩さないように心がけることである。即ち、どんなことがあっても、心の明るさと、朗らかさと、活々とした勇ましさを失わないように、心がけるべきである。(中村天風、真人生の探求p161)」

普通に人間生活を送る場合、仙人のように山の中でネットも遮断された隠遁生活や、無人島にたった1人で生活でもしない限り、常に自分以外の人と接することが必要です。

これはすごく深いなと思うのですが、どれだけ日本の現代社会だけで孤独だと思っていても、何かしら人とは接しているものです。

スーパーやコンビニにご飯を買いに行かないといけないし、宅配で済ませると言っても宅配する人と接していることになるわけです。

ネットで直接人と会わなくても連絡と取り合えば人と接しているとも言えます。つまり、完全に人と接しない生活なんて難しいわけです。

だからこそ、人と接するときにどんな場合や事情があったとしても、積極的の心を絶対に崩さないように心がけることが大切です。

心を消極的にしてしまうような人に出会ったとしても、心の明るさ、朗らかさ、活々とした勇ましさを無くさないように心がけるべきなのです。

不健康、不幸な人には積極的な言葉だけを贈ろう

「特に不健康の人や、悲運の人に接する際は、鼓舞、奨励以外の言葉は口にしないように注意することである。(中村天風、真人生の探求p162)」

そして、対人精神態度で特に注意したいのは、不健康な人や不幸な人と接するときは、その人を励ますような積極的な言葉以外は口にしないようにすることです。

「不健康の人や薄幸の人々には、大いに同情するべきであるが、同時に真の同情の発露として、適当な鼓舞と奨励とをその人々の心に与えてやり、少しでも、その人々の心に積極的の暗示となるものを、心の糧として贈ってやることこそ、最も尊厳な人間的行為である。(中村天風、真人生の探求p162)」

だからこそ、不健康な人や不幸な人に対しても大いに同情してあげるべきでありますが、同情して自分の気持ちまで暗くしてはいけません。

本当の同情として、その人の心が積極的になるような鼓舞や奨励を与えることが重要です。その人の心が積極的になるような心の糧を贈ることこそが、最も尊き人間的行為だと思いませんか?本当の同情をしてあげましょうよ。

1人の不幸のために周囲まで消極的にするな!本当の同情とは一緒に悲しむのではなく相手を積極的にすること」も参考にしてください。

感想

どれだけ孤独だと思っていても山中で仙人のような生活をする、無人島に1人で生活でもしない限り、人と接することは避けられません。ネットだって人と接しているのと同じです。

このように人は常に人と接して生きているからこそ、対人精神態度は常に積極的であらねばならないということです。人に積極的な心を左右されるのではなく、自分で積極性をコントロールすることが大事です。

また、不健康な人や不幸な人には同情しても消極的な気持ちになってはいけません。それよりも、不健康な人や不幸な人の心が積極的になるような積極的な言葉だけを贈ってあげましょう!

メインカテゴリ