MENU

不平不満は癖になるので言わない!思わない!感謝を習慣化した生活をすると不平不満がなくなる理由

2020年09月14日 公開

あなたは不平不満が多い人ですか?実は不平不満を言ったり思ったりすると癖になってしまいます。感謝を習慣化した生活をすると不平不満がなくなる理由をお伝えしますね。

不平不満の意思表示をしてはいけない

「不平不満の意思表示を断然しないことである、万一心に、何かの不平不満を感じた時は、自分より以下の運命や境遇に活きている人の現在多いことを、思い見るべきである。 昔の諺にも「上見ればきりがないから下見て暮らせ」という意味の訓えがあるが、実に穿ち得た尊い言葉であると思う。(中村天風、真人生の探求p147)」

不平不満は言ってもいけないし、思ってもいけません。もし自分の心に何かしらの不平不満を感じてしまったときは、自分より不幸に生きている人が多いことを考えるのがおすすめです。

上を見てもきりがないから下見て暮らせ」というのはとても大切な考え方です。自分より不幸な人からすれば、あなただって幸せそうに見えるのです。比較の世界では上もいれば下もいるので、そうなるのです。

不平不満を心に抱くと進化向上できなくなる

「そんな気持(上見ればきりがないから下見て暮らせ)で活きたら、向上心なんか何処か影を潜めてしまって、いわゆる人類の発達性が阻害されるであろうという人もあろう。然しそれは大変な間違いである。まして不平不満ということと、発達ということとは相対関係は少しもなく、寧ろ相反するものだといわねばならないことを考えると、断じて不平不満を心に抱く勿れである。(中村天風、真人生の探求p147~148)」

「上を見ればきりがないから下を見て暮らせ」という気持ちで生きよとアドバイスをすると、それじゃあ向上心がなくなってしまって人類は進化向上しないと反論する人もいます。

しかし、不平不満と進化向上(発達)は連動した関係ではありません。むしろ、不平不満と進化向上は対立関係にあるものです。

つまり、不平不満を心に感じてしまうと進化向上をすることはできなくなるので、絶対に不平不満を思ってはいけないということになるのです。

不平不満は習慣化し、すぐ不平不満を思うようになる

「不平不満を心に抱くと、その心は卑屈になり、萎縮的になり、自暴的になる。そしてその結果奮発心も、蹶起心も出てこなくなる。その上、それが一つの性癖となって僅かなことにもすぐに不平を起こし、不満を思うようになる。(中村天風、真人生の探求p148)」

ここすごく大切だと思うのですが、心に不平不満を抱いてしまうと、心は卑屈になり、萎縮的になり、自坊的になります。すると、やる気も出なくなってしまいます。

これらの消極的な心が癖となってしまい、わずかな小さなことにもすぐ不平不満を感じるようになってしまうのです。

不平不満が不平不満を引き起こしてしまうのです。不平不満スパイラルなんですね。実はこの記事を書いているときにすごい心が不平不満だらけで何のやる気も起きなかったので、不平不満は絶対に抱いてはいけないと心から思いました。

不平不満が多い人は自分より幸せな人を基準にしがち

「不平不満を感じる人は、自分より幸福の者を標準とする傾向が多分にある。(中略)自分よりもっと運命的にも、健康的にも、不幸の人のいることには考え及ばない。(中村天風、真人生の探求p148)」

不平不満が多い人は自分より幸せな人を基準にしてしまうので、自分より不幸な人がいる人のことを考えもしません。だから、今この程度で生きられていることを感謝できないのです。

不平不満が多い人は自分より幸せな人を普通と思うな!この程度の不幸で生きられることに感謝しとこうぜ」も参考にしてください。

不平不満が多い人は感謝の気持ちが少ない

「不平不満を常習としている人には、この感謝念というものが、頗る薄いように思われる。(中村天風、真人生の探求p149)」

不平不満が多く、不平不満が習慣化している人は、感謝の気持ちが薄い傾向にあります。私の近くにも不平不満ばかりで人に「ありがとう」と言うことがとても苦手な人がいます。

何でこんなに不平不満が多いのだろうと思うし、何でこんなに人にありがとうを言えないんだろうと思っていましたが、不平不満が多いから自然と感謝できなくなってしまっているんですね。不平不満いくない!

感謝を習慣化して人生を生きれば不平不満も感じなくなるので幸せになれる

「何事にも、先ず感謝本位で人生に活きるならば、不平不満を感じない世界が、第一にその人の観念の世界から生れることになるから、単にそれだけでも大きい幸福である。(中村天風、真人生の探求p149)」

何事に対しても感謝を習慣化して人生を生きれば、不平不満を感じない世界が、自分の主観から生まれることになるので、それだけでも大きな幸せを感じられるようになります。これってとってもすごいことですよね。

感謝を基本に生きると自分の周囲まで美しく良くなる

「ましてその尊い気持ちの反映を受けて、自分の活きる人生周囲が、期せずして美化善化されるという現実を考えたなら、これは単なる道義的のことでなく、広義における人生生活法だと考定されることと思う。(中村天風、真人生の探求p149)」

これまたすごいことですが、感謝を基本に生きれば、その尊い感謝の気持ちがあなたの人生の周囲にまで反映され、あなたの周囲の人たちまで美しく良くなっていくという現実が生まれます。

感謝を基本に生きることで、自分だけでなくあなたの周囲にまで良い影響を及ぼすことができることを考えたら、感謝を基本に生きることはとても素晴らしい人生の生活法だと思いませんか?

不幸や不運も全て自分を高めるための幸運の試練だと感謝しよう

「(熊沢蕃山は)他人から見て不幸だ、不運だと思われるようなことも、少しも御当人には、そう感じなかったに違いない。というのは、不幸や不運を寧ろ自己錬成への感謝で考えておられた(中村天風、真人生の探求p150)」

不幸や不運というものは、本当は不幸ではなく、自分を高めるための幸運の試練なんです。だから何が起きても感謝する気持ちが大切です。どんな不幸だと思えるようなことであってもです。

嫌なことが起きても感謝しよう!不幸や不運は自分を成長させる幸運の試練だと考えよう!」も参考にしてください。

全ての物事を世のため人のためと考えれば感謝できるようになる

「人生を最も美わしく尊くする感謝という理想的の生活基盤は、すべての物事に対する観点の置き方を狭義な個人本位の自己主義から超越させて、もっと大所高所から広義に観察するようにすれば、必然その心に湧いてくるものである。(中村天風、真人生の探求p150)」

感謝とは人生を最も美しく尊くする理想的な生活基盤です。そして、この感謝の気持ちというものは自分だけを考えるのではなく、世のため人のためという観点から考えれば、自然と感謝できるようになります。

感謝は習慣化できるので感謝を習慣化した生活を心がけよう

「これをまた習性化し得るものである以上、常日頃出来る限り、感謝本位の生活をするように心がけなければならないのである。(中村天風、真人生の探求p151)」

感謝というものは習慣化できるものです。なので、出来る限り感謝を習慣化した生活をすることを心がけることが大切です。「ありがとう」を習慣化できたら素敵ですよね。

正直、親切、愉快な気持ちが大事

「原因は常に結果と相対的関連をもつので、感謝本位の生活を現実にするために、常に「正直」と「親切」とを心的生活のモットーとし、また自己の心をいつも「愉快」な気持ちで持続するように努力することである。これを三行の実践という。(中村天風、真人生の探求p151)」

感謝生活をするためにも「正直」「親切」「愉快」な気持ちでいられるように努力しましょうぜ!

感想

私も心が積極的なときは不平不満を思わないでいられるのですが、少しでも消極的な気持ちに傾いてしまうと途端に心の中が不平不満だらけになってしまっていました。

「何でわかってくれないんだろう…」
「何であれをやってくれないだろう…」
「人生うまくいかないな…」

など不平不満のオンパレードです。でも、自分が不平不満を抱くから不平不満を抱くことが癖になってしまっていたんです。

これからは不平不満ではなく感謝を習慣化した生活をしようと思います。まして、感謝を習慣化した生活で周囲が良くなるという素敵な事実もあるので、感謝を習慣化した生活やってやります!

メインカテゴリ