MENU

不平不満が多い人は自分より幸せな人を普通と思うな!この程度の不幸で生きられることに感謝しとこうぜ

2020年08月31日 公開

あなたは不平不満が多い人ですか?不平不満が多いのは自分より幸せな人を普通だと考えているからではありませんか?

不平不満が多い人は自分より幸せな人を普通だと思ってはいけない理由とこの程度の不幸で生きられることに感謝するべき理由をお伝えします。

自分より幸せな人を普通の基準にしがち

「不平不満を感じる人は、自分より幸福の者を標準とする傾向が多分にある。たとえば運命に対しても、世の中には自分よりもっと幸運な人がいるのに、自分は少しも恵まれないとか。また不健康の際でも、世の中には随分と丈夫な人も多いのに、自分は何という憐れな弱さであろうという風に…そして果ては他人を怨嗟し、親兄弟まで悪く思い、遂にはこの世に神も仏もあるものかなんて無鉄砲のことをいう人さえある。(中村天風、真人生の探求p148)」

不平不満が多い人は、自分より幸せな人を普通の基準として考えてしまう傾向があります。例えば、

「私よりも幸せな人がたくさんいるのに、私は何でこんなに不幸なんだろう…」
「私より健康な人はたくさんいるのに、何で私は病気がちで弱いんだろう…」
「私よりもお金持ちな人がたくさんいるのに、どうして私はこんなにお金がないんだろう…」

などなど、運命やら健康やらお金やらいろんなことで自分よりも幸せな人を普通の基準に考えてしまうんです。これでは、その普通の基準を満たしていない自分は憐れで弱く不幸な存在だと思えてしまうのです。すると、

「私がこんなに不幸なのに幸せなあのひとがムカつく」
「両親は老後のお金で贅沢しているのに私は子育てに追われている」
「この世は苦の娑婆だな…神も仏もいやしない…」

など他人を恨み、神やら仏やらも恨むという誰にも手を負えない始末となってしまうわけです。これでは生きている甲斐がないですよね。

自分より不幸な人がいると考えないから感謝できない

「そういう心持ちの人に限って、この世の中には、自分よりもっと運命的にも、健康的にも、不幸の人のいることには考え及ばない。だから、自分が今そういう極度の不幸の人の陥っているような状態にならずに、この位の処で活きておられるというのは、ありがたいことだと、それを感謝しようという気持ちが少しもない。(中村天風、真人生の探求p148~149)」

自分より幸せな人を普通の基準に考える人に限って、自分より不幸な人や自分よりも不健康な人がいることを考えもしません。

自分よりも不幸な人がいると考えないから、自分がすごい不幸にならずに、この程度の不幸で生きていられることが、とても幸せでありがたいことだとわからないんですよね。これでは、不平不満をなくすのに大切な感謝の気持ちを持てるわけがありません。

不平不満を感じたら自分より不幸な人のことを考えよう

「万一心に、何かの不平不満を感じた時は、自分より以下の運命や境遇に活きている人の現在多いことを、思い見るべきである。 昔の諺にも「上見ればきりがないから下見て暮らせ」という意味の訓えがある(中村天風、真人生の探求p147)」

もしも心に不平不満を感じてしまったらどう対処すればいいでしょうか?不平不満を感じてしまったときは自分より不幸な人のことを考えるべきです。

「上見ればきりがないから下見て暮らせ」ってやつです。比較の人生に生きてしまうと「上を見てもキリがない、下を見てもキリがない」ものです。だから上ばっかり見てないで、下を見ることも大切ですよということなんです。

これすごく大切ですよね。自分は不幸だって思ってるかもしれませんが、あなたのことを羨ましいと思っている人はいるんですよ。

下の人から比較すれば幸せになるし、上の人から比較すれば不幸にもなる。幸せって自分の考え次第なんですよね。

私より不幸な人なんていないと思うなら、生まれながら食べられる運命である肉牛を思い浮かべてください。肉牛は肉牛なりの業や役目があるとは思いますが、生まれたときから食べられることが決まっているよりは自分は幸せなはずです。

感想

不平不満が多い人は自分よりも幸せな人を普通の基準に考えがちです。これではいつまでも幸せを感じることはできません。

不平不満を感じてしまったら自分より不幸な人がいることを思いましょう。そうすれば、現状に感謝できるようになるはずです。

実は「自分より幸せな人を普通だと考えずにこの程度生きられることに感謝せよ」という考え方は自分が気をつけたいことなんです。自分が被害者意識に陥らないためにも忘れないようにしたい今日この頃。

不平不満は癖になるので言わない!思わない!感謝を習慣化した生活をすると不平不満がなくなる理由」も参考にしてください。

メインカテゴリ