座禅よりもおすすめで簡単に精神集中させる方法

2021年06月23日 公開

座禅は素敵な方法ですが、雑念を浮かばなくさせるにはそれ相応の修行が必要です。座禅よりもおすすめで簡単に精神集中させる方法をお伝えします。

養動法とは

座禅よりもおすすめな精神集中させる方法は「養動法」です。

「静座して、両手を組み、軽く股の上に置き、瞑目の上、自己調和法の体勢を行いながら、徐ろに頭部で、平仮名の「の」字を書く気分で、静かに上体を、揺動する。
但し、全身の動揺は激動を避け、静座を主とすること。言い換えれば、自然動揺を最も理想とする。(中村天風、真人生の探求p204~205)」

「養動法」とは、心を落ち着けて静かに座り、両手を組み、軽く股の上に置いて、目を閉じ、「クンバハカ」の体勢で、ゆっくりと頭で「の」の字を描くように、静かに上半身を揺り動かします。座禅の姿勢に近いと思うので、座禅の姿勢にするのがおすすめです。

ただし、全身を揺れ動かすときは激しく動かさずに、静かに動かすことをイメージしてください。自然に揺れ動くことが理想です。

「最初「の」の字を書く気持で動揺を開始した積りなのに、いつしかその上体動揺が、前後になったり、左右になったり、または上下になってくることがよくあるが、それはその時の身体の状況で、そうなるのであるから、少しも差支えない。要するに上体の動揺は、そのまま自然に任せて置けばよい(中村天風、真人生の探求p204~205)」

養動法は頭で「の」の字を描くように上半身を揺れ動かしますが、最初は「の」の字を描く気持ちで上半身を揺れ動かしていたのに、いつのまにか上半身が、前後や左右や上下に揺れ動いてしまうことがあります。

しかし、それはそのときの身体の状況に応じて前後、左右、上下などに動くわけなので、何の問題もありません。つまり、上半身は自然に任せて揺れ動かせばいいのです。自然に動かすことが何よりのポイントなのです。自然が一番ということです。

座禅よりも雑念が浮かばない

「の」の字で上半身を揺り動かすことで、雑念が浮かばないように個人的には感じます。座禅をしていても、すぐに雑念が浮かんでしまうのですが、養動法だと座禅よりも座ることに集中できる気がします。

「の」の字に頭を動かすことに意識が集中しているからか、あまり考えが浮かばないのが素敵な効果だなと思っています。

座禅会で何年も座禅に取り組んだからこそ、雑念を浮かばせない難しさだけはわかっているつもりです。それくらい雑念が浮かびにくいというのはすごい方法だなと思います。

座禅をしても雑念妄念が浮かんでしまうという人は、ぜひ「の」の字に頭を動かす養動法をお試しください。

感想

座禅をするなら「の」の字の養動法を利用するのがおすすめです。本当に雑念妄念が浮かびにくいので、心を静かにしたいときにも便利です。

しかし、このやり方こそ、中村天風氏の動画をDVD化して販売するべきだと思う。やっぱり、テキストだけだと完全に理解するのって難しいんですよね。絶対買うのでDVD化してほしい!

メインカテゴリ