肛門を締める効果と重要性をまとめておきたい件

2021年06月11日 公開

肛門を締める効果と重要性をまとめておきたい件をお伝えします。お尻の穴を締めたほうがいいというのは、現代でもよく聞かれる話なので、個人的に大事なことだと感じています。常にケツの穴締めて生きてやるけんね。

肛門を締める効果

「肛門を締めるとどうなるかというと、脊髄の末端及び周囲に散財する神経叢(plexus caudalis)の異常動乱を鎮圧する。
然もこの肛門を締めることは、古来相当重視されていた形跡がある。古禅ではこれを「止気の法」と称し、気の逃げ失せるを防ぐ法として、怖ろしいことや、驚くことがあった時に行うべしと説かれている。(中村天風、真人生の探求p178~179)」

肛門を締めると、脊髄の末端や周囲にある「神経叢」の異常や混乱を止めることができます。実際に肛門を締めることは古来より、かなり重要視されてきました。

古禅では白隠禅師が、肛門を締めることを「止気の法」と呼び、気が逃げることを防ぐ方法として、怖ろしいことや驚くことが会ったときに行おうと説いています。

真人生の探求」には、肛門を締めていたことで生き残った例が紹介されているので参考にしてください。すごいお話だなと思います。尻の穴締めるといいことあるんだな。

感想

肛門を締めることで、神経叢の動乱を防ぐことができます。つまり、消極的な感情を抑えることにつながります。

ずっと肛門を締めるのはまだまだできないですが、何かありそうなときは肛門を締めるようにしています。消極的な感情が出てきにくいので、ぜひお試しくださいね。「クンバハカ」しよまい。

メインカテゴリ