最初からこの人は違うって思わない?運命じゃない相手と運命の相手を見分けるコツ

2020年12月23日 公開

運命じゃない相手と運命の相手を見分けるコツがあったら恋愛にとても便利だと思いませんか?個人的なこれまでの恋愛経験と結婚経験から運命じゃない相手と運命の相手を見分けるコツがあるなと思ったので共有します。

*ただし、現在進行系のコツなので死ぬまで一緒にいないと証明できないコツなので参考程度に。

ハートなカプチーノ

運命じゃない相手と運命の相手を確実に見分けるコツ

個人的な経験からですが、運命じゃない相手と運命の相手を確実に見分けるコツからお伝えします。以下の3要素は割と確実な気がしている。

最初から「この人じゃない」って思う

「結婚=運命の人」という簡単な図式の世の中ではなくなってきたけど、結婚した人が運命の相手だとします。

私もそれなりに恋愛もしてきましたが、結婚する人と結婚しなかった人たちには明確な違いがあったなと今思えばわかるようになりました。

そもそも論ですが、私は運命の人じゃないと最初から「この人じゃないな」ってわかっていたような気がします。例えば、昔の私なんかは童貞と処女で結婚したいというわけのわからない価値観から、

「本当は合わない」
「この人は違う」

って薄々わかっていながら、長々と付き合っていたように思います。でも、経験人数なんて本当は運命の人に関係ないんですよね。運命の人は運命なんだから。また、初めてキスしたときから

「口臭が苦手…この人は違うかも…」

と思ったこともあります。その人はやっぱりいろんな場面で

「この部分はやっぱり引くな」
「やっぱりこの人は違うかも」

と思ったことが何度もありました。それでも、寂しかったのが理由なのか、よくわからない責任感からなのか、経済的な理由などもいろいろありまして、それなりに長く付き合いました。

そんなこんなで運命の人じゃないと本当は最初から「この人じゃない」ってわかっている気がするんです。

それでも、自分の寂しさ、責任感、経済的な問題、恋人がいなければいけない恋愛至上主義のような現代的な理由で、自分を納得させながら無理に付き合っているような気もするのです。

また、最初は盛り上がっていたので「運命の人だ」と思っていても、途中から「この人じゃないな」ってわかるケースもあると思いますが、私は大体最初からかな。最初からわかっても寂しいものは寂しいとか今思うと身勝手過ぎますが。

口臭

口臭ってものすごく大事だと思います。私は口臭のある人が苦手なのですが、女性でも口臭が気になる人はやっぱりいます。歯並びの問題もあれば、苦手な口臭の場合もあります。

で、運命じゃない相手って口臭がやっぱり合わないんですよね。近くで会話したときやキスしたときに「あっ、口臭が苦手」とわかります。直感的なものですね。まあ、運命の相手でも朝起きたときなんかは、口が臭いのは別にいいんです。

でも、歯磨きをしたあとなどでも口臭が合わないと思ったら運命の相手じゃない可能性が高いと思います。これはもう無理だもん。直接的に運命の人じゃないって教えてくれているんですね。

体臭

口臭と同じですが、体臭の相性もあると思います。体臭ってフェロモンなので合う、合わないが絶対にあると思います。

好きな体臭の人だと脇の香りも気にならないものです。なので、「この人の体臭は臭いな」と思ったら運命の相手じゃない可能性が高いと思います。

「口臭」「体臭」はフィジカルな部分なので直接的にすごく見分けやすいと思います。嫌な臭いの人とは一緒にいれないってはすごいわかりやすくしてくれていてありがたい。

運命じゃない相手と運命の相手を確実にそれなりに見分けるコツ

上記ほどではけど、運命じゃない相手と運命の相手を確実にそれなりに見分けるコツもお伝えします。これは人によると思います。

一緒にいて落ち着く

一緒にいて落ち着く人は、運命の人の可能性が高いと思います。例えば、運命の人が自分のことばかり話す人で他の人的にはNGであったとしても「あっ、この人自分のことばかり話すけど、なんか落ち着くな」と思えば運命の人の可能性が高いのです。

一緒にいて落ち着く定義なんて人それぞれです。自分が一緒にいて落ち着くなと思えば、それは運命の人のような気がします。

思い通りにしたいと思わない

「思い通りにしたいと思わない」というのも運命の人の可能性が高いような気がしています。だって思い通りにしなくても、それでいい、そのままでいいと思えるのだから。

逆に、思い通りにしたいと思ってしまう人は、そのままだと合わないということだから運命の人じゃない可能性が高いと思います。だから思い通りにしたくなるんですよね。

DVとかモラハラとかってまさにそうですよね。本当は運命の人じゃない相手を本当の運命の人のように勘違いして、思い通りにしようとするから暴力とかモラハラに発展すると思ってます。

でも、本当は運命の人じゃないから思い通りになんかならないし、DVとかモラハラなどの行動をする時点で運命の人じゃないって造物主が教えてくれているような気がしています。

思い通りにならないことは思い通りにならないことが真理なのです。思い通りになることは思い通りになるのです。なんでも思い通りになるのが真理だと思ってるから辛いんですよ。

他の人なら怒ることでも怒らない

誰に対しても怒らないのが真理ですが、他の人なら怒ることでも怒らないと運命の人の可能性が高いと思います。それだけ相性がいいっていうことを造物主が教えてくれていると思うんですよね。

やっぱり人間には相性というものがあって、相性が合わない人は怒りとか消極的な感情が生まれやすい気がします。消極的なエネルギーに影響されてしまって、積極的なエネルギーが奪われてしまうから仕方ないですね。

なので、一緒にいて消極的な感情が出やすいというのは運命の人じゃない可能性が高いように思うんですよね。

ちなみに、私は元来ものすごく短気で怒りやすいタイプでしたが、今はかなり怒らなくなりました。昔ならすぐキレていることにも怒らなくなったし。そういうものなんです。相性って怒りで判断できるのです。

顔がタイプ

これは完全に私の場合ですが、顔がタイプだと運命の人の可能性が高いと思います。だって、こんなにたくさん人がいる中で運命の人を見つけるのにはサインが必要です。

でも、顔がタイプだと「この人かわいいな」「この人の顔好きだな」とパッと目が行くわけです。大衆の中にいようがわかるわけですよね。見分けるサインですね。

ちなみに、顔がタイプというのは個人的な好みの問題です。だって美の極みであるような芸能人だって好き嫌いがあるわけですからね。それゆえに顔がタイプっていうのも、運命の人を見分ける一つのファクターかなとも思っています。

あとね、やっぱり顔がタイプだと許せることも多いですよ。顔がタイプじゃない人だと許せなかったことも、顔がタイプだと許せてしまう不思議さもあります。ギリギリで踏みとどまれるような感じです。

とはいえ、別にタイプじゃない運命の人と結婚している人もいるわけなので、顔がタイプじゃなくても、顔が好みじゃなさすぎて一緒にいたいと思えないとかなければOKな気もします(私は相手は私の顔はタイプじゃないみたいですし)。

たまに気になる存在

ふとした瞬間にたまに気になる存在というのも運命の人の可能性が高いと思います。たくさんの人がいるなかで「この子がいいな」とか直感的なものも含めて。

ずっと忘れていたのにふっと思い出したりさ。最近だとSNSが盛んなのでSNSでアカウントを見つけたら気になって連絡してみるみたいな。気にならない人は全然気にならないのに不思議ですよね。運命の力というものは。

自然と定期的に会える

自然と定期的に会えることも運命の人の可能性が高いと思います。だってご縁がない人は1度会ってそれっきりということも多いです。ご縁がないのだからしょうがないですよね。

それなのに、運命の人とは本来ならもう会えないような別れ方をしていても、また自然と定期的に会える機会ができます。

だから、そのときは運命の人だって気づかなくても、次に気づけるように造物主が設計してくれているのかなと思います。

でも、運命の人だからそうやって気づくタイミングを作ってくれているんでしょうね。私なんぞは結婚する前に別れたとしても、また会えるような気がしました。結婚を避けることができないというような感覚です。

運命の人を見分けるコツとは違う気がする要素

運命の人を見分けるコツとは違う気がする要素もあるかなと思います。昔は以下のことも大事だと思っていたけど。

これまでの経験人数や浮気の有無など

男性も女性も気になるのが過去の恋愛経験ですよね。特に私のような嫉妬深い女々しい男性だとこれまでの経験人数が気になってしまいます。

だから、処女としか結婚したくないと思っていた時期もあるわけです。やばたん!でも、これまでの経験人数がどれだけ多かろうと運命の人に変わりはありません。

別にこの身体は道具に過ぎないし、本体である霊魂は経験人数が多かろうと傷つかないわけだから、経験人数が多いからという理由で敬遠するのは違うと思います。だから風俗とか存在すると思うんですよね。本体は傷ついていないんだから。

また、浮気した・浮気されたという浮気の有無も運命の人と関係ないような気がするのです。浮気の有無があっても運命の人は運命の人だから。あとはそこからどうお互いが変わるかだよ。試練と言えば幸運の試練だけど、それはそれで乗り越えればいい。

体の相性

体の相性も年齢とともに変わるような気がします。もちろん体の相性も大事ですが、体の相性が悪くても良くなっていくこともあるわけです。

そのときの体の相性が悪いからという理由だけで運命の人じゃないと決めつけるのは時期尚早のような気もします。逆に体の相性がよくても運命の人ではないこともあるわけなので。そしたらプロには誰も勝てないわけで。

子育て中の気持ちの変化

これは結婚後のお話です。子育て中の気持ちの変化も運命の人を見分けるコツのようで違うと思います。今の現代社会において、核家族で子育てをするのはとても難しいことだからです。運命の人と子育ては別問題です。

実際に子供が生まれるまではラブラブでも、子育てするようになってから離婚したくなる人は多いです。現代社会における子育て中はお互いに余裕がないので気持ちが冷めやすいのは仕方ないことです。

子育ては思い通りになるものではないし、効率的なものでもないし、現代社会だと責任のなすりつけあいになりやすいのです。

こればかりは子育てが現代社会において大変なものだと思い直して、夫も妻も歩み寄ることが大切かなと思います。お互いが悪いところを改善して歩み寄ることができなければ離婚になってしまうので。

なので、子育て中に不満が大きくなって好きじゃないなと思ったとしても、それで見切りをつけないで、改善できないか家族会議をしましょう。

気持ちが改善できれば運命のままだし、改善できなければ運命じゃなくなるかもしれないけどさ。子育ても造物主が与えし試練なのかなと思う今日このごろです。

結論:運命の人はたった1人だからわかるときがくればすぐわかる

運命の人じゃない人は数が多いので、見分けるのはすごく簡単にわかるような気がするんですよね。みなさんだって本当は「運命の人とはなんか違う」ってわかっているでしょ?でも、気づかないふりをしているだけなんです。

でもでも、運命の人はたった1人だからわかるときがくればすぐわかるようにできています。だって1人しかいないんだから、そりゃわかるさ。それが結論です。

だから「いい人がいない」とぼやいている人は、まだ運命の人に出会っていないだけなのか、気づけていないだけかなんですよ。たった1人しかいないんだから。

ただし、悪いことばかりしていると、運命の人と出会えないまま人生終わっちゃうかもしれませんし、運命の人と既に出会っていながら気づかないこともあるでしょう。だからこそ、世のため人のために生きましょうね。そうすりゃそのうち出会えるだろう。

だからといって出会ったときから運命の人がわかるわけでもない件

だからといって、出会ったときから運命の人がわかるわけでもないのが人生の難しくもあり、面白いところです。

私の場合は運命の人を昔から知っていたのですが、最初はメールやらSNSなどを拝見する限り「この人は価値観が合わないかも」とか思っていたときもあります。

でも、不思議ですが、時が流れて長く話していると「なんか落ち着くかも」「もしかしたらこの人かも」と思った経験があります。

でもそのときは私のヒューマンステージが低かったわけで気づかなかったわけですね(今もまだまだ低い)w

悪いことばっかりして人をたくさん傷つけたから、運命の人と出会っていても気づかないように造物主が仕組んだとも言えるわけです。まあ、そんなかんじでもっと早くから大切にすればよかったと後悔することもあるわけです。

感想

運命の人と運命じゃない人を見分けるコツは感覚的なものではありますが、直感レベルでわかるものだと思っています。

まず「この人じゃない」って思ったら運命の人じゃない可能性は高いのです。運命なんてそういうものなんです。

運命じゃない人を見分けるのは割と簡単な気がするんですよね。だから運命じゃないかどうかを最初に考えるといいと思う。それはすぐわかるし確実だ。

実際に私なんかは「この人じゃないな」って思いながら、責任感とかプラトニックとか寂しいからとかいう理由で運命じゃない人とも付き合っていたなと思います。自分を安売りしていたなと思います。

運命の人を傷つけないためにも自分を安売りしないことも大事だなと思うような今日このごろです。そうはいっても確固たる考え方がちょっとわかるようになったのは最近のことだから致し方ないですな。

メインカテゴリ