MENU

芸能人の自殺問題でうつ病や育児うつの人を支えるために仕事をセーブするのは命を救う尊い行為だとわかった

2020年10月05日 公開

複数の芸能人の自殺が重なったことでうつ病や産後うつの人にサポートできることをいろいろ考えさせられました。芸能人の自殺問題でうつ病や育児うつの人を支えるために仕事をセーブするのは命を救うことになる尊い行為だとわかった理由をお伝えします。

うつ病の人を支えることは支えたことがない人が思っている100倍以上大変

うつ病の人を支えるのは思っているよりも大変です。実際にうつ病のサポート経験がない人が思っているよりも大変なのです。

うつ病の症状や感じ方にもよると思いますが、多分想定している100倍以上大変だと思ったほうがいいです。私は想定の100倍以上大変でした。育児うつは育児という実際問題も生じるので普通のうつ病サポートよりもさらに大変だと思います。

私も身近な人がうつ病になってサポートした経験がありますが、うつ病になった初期段階では最初は甘く考えていました。病院に行けば治るだろうくらいに思っていたのです。

しかし、病院に行けども、(今思えばサポートになっていなかったけどそのときはサポートだと思って頑張っていた)サポートをしても、うつ病は悪化する一方です。

仕事をしていてもうつ病がひどくなれば仕事を休まないといけないこともある(呼び戻される人もいるそうです)し、サポートするためにあれこれしていると仕事すらままならないこともあります。

仕事の時間をセーブしなければとてもサポートすることなんてできないのです。私は長年個人経営の会社だったので、会社勤めをしている人よりはある程度自由に時間を使えるのである程度はサポートすることができました。

でもね、もしも営業時間が決まっているような仕事だったら到底サポートなんて出来なかっただろうなと思います。なので、会社勤めをしている人だとうつ病のサポートはとても難しいと思います。有給休暇も周囲の理解も限界があるしね。

よくうつ病で自殺した有名人がニュースになると「誰かサポートできたでしょ」的なコメントを見ますが、実際にサポートしてみないとその大変さはわからないと思います。

なので、このうつ病をサポートするのは大変だという認識に世間が変えることが大事だと思うのです。本当にあなたが思っている100倍以上は大変だと思うといいよ。思いやがれ。

うつ病で自殺したら残された人は一生後悔すると思う

私は仕事をセーブしてサポートすることができたので「自殺」という最悪の選択をされずに過ごすことができました。

当時は地獄の日々だと思いましたが、仕事をセーブする選択に気づけたことは今思えばラッキーだったのだなと思います。

実際うつ病治療の先生に聞いたのですが、うつ病が悪化すると「死にたい」という自殺願望が衝動的に出てしまうそうです。突発的に衝動的に自殺するリスクがあるんです。

でも、うつ病で自殺をされたら残された人は一生後悔すると思うんですよね。会ったことのない芸能人の自殺でさえもすごく辛く感じるのに、身近な人が自殺したら絶対に一生後悔すると思いました。

仕事をセーブしてうつ病患者の自殺を阻止できるなら尊い行為だと思う

正直に申し上げますと、私はうつ病をサポートするために仕事をセーブすることが正しいことなのかこれまで断定できずにいました。

もちろん、うつ病をサポートすることは大事だとはわかっています。だけど、収入を捨てて仕事をセーブする必要があるのか?私にはもっと仕事でやるべきことがあったんじゃないか?などなどね。

でもね、複数の芸能人の自殺問題で思ったことがあります。それは、私が仕事をセーブしたことでうつ病による自殺を阻止することができたのかもしれないということです。

仕事をセーブすることでうつ病による自殺を防げるのであれば、それは命を救うということです。命を救うというのはとても尊い行為です。

だから、うつ病のサポートのために仕事をセーブするのは素晴らしい尊い行為だと気づくことができました。

私にとってお金は生活のためには必要だけど、命よりも大事なことだとは思えません。「お金が幸せの全て」という考え方から「お金は生活のために必要な道具に過ぎない」と思えるようになってよかったと思えました。

「うつ病で自殺されるくらいなら」と考えてサポートをするべきだ

そんなこんなで私が思ったのは「うつ病で自殺されるくらいなら」という考えでサポートをするべきだと思いました。

うつ病を軽く考えないで重く考えてほしいのです。そうすればその人の病状にもよりますが、どこまでサポートが必要なのか見えてくるはずです。

また、うつ病のサポートを続けることはサポートする側にも大きな負担がかかります。それでも、

「うつ病で自殺されるくらいなら…」
「自分がサポートすることで命を救えた!」

と思えば、今までの行動は全て自分でも納得できるものになるんです。サポート側もこれで良かったんだと思えるんです。

うつ病のサポートが命を救うことだと考えればとても尊い行為になるのです。何も恥じることはないし、仕事をセーブして成功が遠のいたっていいじゃないかと思えるんです。

うつ病をサポートする側がサポートすることを尊い行為だと思えるようになることが、うつ病のサポートを継続するために大事だと思うんです。そう思わないと「何の見返りもないサポートなんかやってられるか!」ってなる可能性が高いからです。

「うつ病をサポートするべき」という言葉はとてもきれいですが、「うつ病のサポートを継続する」ということは、あなたが思っている100倍以上大変なんです。

傷つくような言動をされることも多いですし(うつ病という悪魔に心を乗っ取られているだけだけど)、収入面など実際生活にも支障をきたすからです。うつ病の人も大変だと思うけど、サポートする人も大変なんです。

「かわいいから」
「かっこいいから」

という理由だけではサポートを継続するのは難しいのです。表面的なものよりも本質的な愛が必要となるのです。ギブアンドテイクを超える必要があるのです。

感想

芸能人の自殺問題はとても考えさせられました。きっとみんな考えたと思う。でも、自殺するくらい重度のうつ病の人をサポートするのはみんなが思っているより大変だと思います。思っている100倍以上大変だと思います。

だからこそ、うつ病のサポートを軽く考えないで重く考えてほしいのです。そして、仕事をセーブしてでもサポートすることは命を救う尊い行為だと考えれば、自殺を阻止できる程度のサポートは出来るんじゃなかいと思います。

衝動的に自殺されて一生後悔する人生リスクを考えると、何もかも捨てたとしてもサポートする道を選ぶことも大事だと思うんです。

そして、本当に苦しんでいるうつ病の人とそのうつ病の人をサポートしていても生活できるくらいの社会の仕組みがあってもいいんじゃないかなと思う今日このごろ。不正受給はもちろんダメだけどね!現代は本当に心の時代だな。

メインカテゴリ