メリットとデメリットは?私が長年Macではなくレッツノートを使い続ける理由

2020年09月18日 公開

私はITベンチャー企業に転職してからノートパソコンを使うようになりました。私は20代前半からは長年レッツノート(Let's note)を使い続けています。

なぜ私はドヤ顔ができるMacではなくレッツノートを使い続けている理由とレッツノートのメリットとデメリットもお伝えしますね。

私のノートパソコン履歴書

私は25歳でITベンチャー企業に転職しましたが、転職先の会社では社用パソコンがレッツノートで、ここから私のレッツノートは始まりました。

社長がレッツノートを使うITベンチャー企業で働いていたので、ノートパソコンはレッツノートという文化だったのです。

そして私が起業したときも今まで使い慣れたレッツノートを新しいノートパソコンとして選びました。

ごめんなさい。正直に言うと一度だけマックブックエアーに浮気したことがあります。なんとなく時代がジョブズマンセーだったのとスタバでドヤ顔したかったのもあります。

でも、結局ショートカットやOfficeとの相性が悪くて、レッツノートと復縁した次第です。そんで再度起業したときもレッツノートカスタマイズしたし、そのカスタマイズしたレッツノートのバックライトが切れたので新しいレッツノートを買い替えています。

そんなこんなで、私のレッツノートは7台目となります。7台目にして初めてシルバー以外のカラーにしました。「2021年SV1シリーズカスタマイズレッツノートプレミアムエディション春モデル(CF-SV1DSJQP)」となります。

レッツノート2021年春モデルSV1シリーズのプレミアムエディションが7代目

次の写真は、レッツノートの5台目と6台目(下が外用の6台目で上はバックライト切れたのでデスクトップ扱いの5台目)です。

5と6台目のレッツノート

経歴をまとめるとこんな感じとなります。4台目までは売却した会社のメルアドに購入データがあるので、データ追えませんでした。

1台目:初代転職先のレッツノート

2台目:初めて自分で渋谷のヤマダ電機で購入したレッツノート

マックに浮気

3台目:レッツノートに復縁

4台目:寿命が来たので買い替え

5台目:レッツノートSX4/プレミアム/SSD 256GB/シルバーダイヤモンド(CF-SX4FDNBP/321,499円)

6台目:レッツノートSV8/SSD256GB/シルバー【カスタマイズ短納期モデル】(CF-SV8RR6QP2/256,824円)

7台目レッツノートSV1/プレミアム/ジェットブラック(CF-SV1DSJQP/339,513円)

レッツノートを使い続ける理由とメリット

私がレッツノートを使い続ける理由とメリットがあります。これを知るとレッツノートにしたくなるはずw

マウスを使いたくないしホイールパッドが使いやすい

私はベンチャー企業でピアノを弾くようにキーボードを叩けと教えられました。そしてマウスを使う動作は無駄だからマウスは使うなと徹底的に叩き込まれました。最近ではマウスを使わない人が増えていますが、その時代には画期的でしたねw

また、レッツノートのホイールパッドって結構便利なんですよね。Macも良かったんですが、レッツノートのホイールパッドって使いやすいんですよね。縁をクルクル回したくなるのがレッツノート派です。

ホイールパッド

業務委託先とかのデスクトップパソコンを利用することがないとき以外はマウスなんて使いません。もはやマウスの使い方を忘れたレベルです。

てか、どうしてもマウスを使わないといけない環境のときはトラックボールのついたマウスを持参するほどです。それほどまでにあのマウスで上下左右の動きをするのが面倒なんですよね。

ショートカットキーも必要!マウスを使わずにタッチパッド利用でパソコンワークを超効率化する方法」も参考にしてください。

満員電車でも安心して持っていける頑丈さで長く使える

レッツノートってすごいタフで頑丈なパソコンです。落としてもそうそう壊れないし、満員電車でギュウギュウでもそうそう壊れません。

今まで満員電車の衝撃とかで壊れたことは一度もないですよね。落として隅が割れたことはあるけど。そういう意味で雑に使っても壊れない安心さがあるのでずっと使っているように思います。

4年くらいでバックライトが切れた以外は、新しいレッツノートにしたくて買い替えただけなので、長く使えるのも魅力です。利用期間で考えるとコスパいいんですよね。

マックブックエアーはかっこよかったけど周りでもすぐ壊れる印象があります。やっぱり薄いし衝撃を受け流すような構造ではないのでデザイン重視で実用性に欠ける気はしています。

バッテリーが長時間

ノートパソコンで大事なのはバッテリーが長時間なことです。レッツノートは昔からバッテリーが長時間なので外出中でも電源無なしで長く使えることができます。

カスタマイズでバッテリーをLにすれば充電なしで1日使えるし、バッテリーSも持参しとけば充電問題で悩むことはありません。これもレッツノートの魅力ですね。ずっと外で仕事をする人でも充電いらずなんですな。

パソコンが高性能

レッツノートってお高いので、その分パソコンが高性能です。カスタマイズレッツノートにすれば、自分好みの仕様に近づけることもできます。

メモリ増設したり、SSDを大容量にしたりと、カスタマイズ可能な範囲であれこれできます(その分まじで高くなるけど)。カスタマイズレッツノートプレミアムエディションなら、もう性能は圧倒的になります。

私の場合はSEOの仕事をするときにエクセルフル稼働状態になりがちなので、CPUやメモリがしっかりしていないとすぐフリーズするんですな。MacはエクセルというかOfiiceと相性が悪いので必然的にレッツノートになるのです。

実はMacよりも通ぶれる

スタバとかおしゃれカフェでMacだとドヤれるとよく言いますが、そんなのノートパソコンのことをよくわかっていない初心者が語ることです。

本当の通はMacよりもレッツノートに目が行くものです。やっぱりレッツノートは高いのである意味Windows系パソコンの憧れのブランドです。

私もスタバで仕事をしているときは、Macよりもレッツノートを使っている人のほうが通でしぶいなと思う次第です。

ただし、画面背景が真っ黒系のエンジニア系の人はMacになるのが普通なので、そのケースは除外しますよw

キーボードの位置を変えたくない

私は徹底的にショートカットキーを使って作業を効率化するように叩き込まれましたし、そうしないと終わらないような仕事をしていました。

それほどまでに仕事においてショートカットって大事なのです。マウス利用でショートカットを使いこなせない人が8時間かかる仕事を1時間くらいで終わらせるって本当に可能なんですよね。

クリエイティブな作業は別だけど、作業効率だけ求められる単純作業ほど時間短縮できる傾向があります。

そして、キーボードの位置を変えて生産性を落としたくないのでずっとレッツノートにしています。

キーボードってあれこれ使うとわかるとボタンの位置が違うタイプもあるし、地味にボタンの位置が違うとショートカットキーをうまく叩けないんですよね。

レッツノートでも新しいレッツノートにすると慣れるまでしばし時間はかかりますが、ボタンの位置は基本的に同じなのでそんなに生産性が落ちないし、すぐ慣れるんですよね。

でもね、MacだとねMacのショートカットキーを覚えないといけないし、全然ボタンの位置が違うからもうショートカットで時間がかかってしまうんですよね(アルファベットパソコンにしてしまったのもでかい)。

選ぶノートパソコンによってキーボードの位置が変わってショートカットが使いこなせないから生産性が落ちるなんて私には耐えられないんです。

組み合わせが大事で同じキーボードを使おう!ショートカットを活用してパソコンワークを超効率化する方法」も参考にしてください。

レッツノートのデメリット

レッツノートの最大のデメリットがあります。それは高いことですね。店頭モデルや通常モデルなら、そこそこ安いんですが、それでも15万円以上はするのがレッツノートです。

カスタマイズレッツノートプレミアムエディションにすると、固定資産扱いになる30万円を気楽に超えてしまうのがまた面倒なところです。

もう少し安くしてほしいけど、天下のパナソニック様は値決めがよくわかっていらっしゃるので、この値段でもこいつら買うってわかっているんですなw

また、いくら頑丈なレッツノートであっても、落とせば壊れることもあることです。まあ、壊れたといっても隅が割れて安定しないだけで、普通に動くのはさすがレッツノートだなと思いましたが。

レッツノートを買うならカスタマイズレッツノートプレミアムエディションがおすすめ

お金に余裕がある場合でレッツノートを買うなら「レッツノート直販サイト」のカスタマイズレッツノートプレミアムエディションがおすすめです。

家電量販店とかでも安いレッツノートはあることはあるのですが、店頭モデルなのでスペックが低いのです。私も最初は東京の家電量販店で購入したのですが、やっぱりスペックは低かったですからね。

また、東京の家電量販店ではレッツノートが置いてあるけど、地方の家電量販店だとそもそもレッツノートなんて置いてありません。地方だとレッツノートを買う人なんて少ないので当たり前か。

それにカスタマイズレッツノートは直販サイトでしかできないし、カスタマイズレッツノートプレミアムエディションは、通常モデルのカスタマイズレッツノートよりも性能が圧倒的です。

いろんな理由で、直販サイトからカスタマイズレッツノートプレミアムエディションを購入するのがおすすめなのです。

感想

私が長年レッツノートを使い続けているのは、高性能かつ頑丈かつ長時間動くというスペック上の理由があります。また、ホイールパッドが使いやすいのでマウス不要で、キーボードの位置を変えたくないのでずっとレッツノートなわけです。

ノートパソコン選びに悩んでいる人はレッツノートを使ってみるといいよ。お値段は高いけど値段相応の価値はあるように思います。

メインカテゴリ