MENU

人生とは観念の世界で気分の娑婆なので他人はどうであれ自分が使う言葉だけは常に積極的であれ!

2020年09月04日 公開

人生に悩んでいる人は「人生とは観念の世界で気分の娑婆」であると考えたことはありますか?人生とは観念の世界で気分の娑婆なので他人はどうであれ自分が使う言葉だけは常に積極的であるべき理由をお伝えします。

人生とは観念の世界であり気分の娑婆である

「人生とは観念の世界である。気分の娑婆である。 だから、他人はどうあろうとも、自己だけは、どんな窮地に立った時でも、その心の積極性を失わないように、言語などは特に、雄々しく勇ましくあれ(中村天風、真人生の探求p146)」

人生について現代人はあれこれ考えると思います。私も「人生って何だろう?」って考えることは多かったです。

そんな思索を続ける中で中村天風氏のこの言葉を読んだときに、人生に対する1つの答えが見つかったなと思いました。

「人生とは観念(主観的な考え方)の世界」なんです。つまり、「人生=思考」であるとも言えるのです。だから、自分が考えることがとっても重要なんですね。

そして、人生は気分の娑婆(人間世界)でもあるのです。そう、気分次第で自分が幸せにもなり、不幸にもなるのです。

この考え方は中村天風氏の真骨頂だと思っています。すごすぎる考え方であり、素晴らしい言葉ですよね。

他人はどうであれ自分だけは常に積極的な言葉であれ

だからこそ、人生のピンチに経ったときでも、他人はどうであっても自分だけは、積極的な心をなくさないように、言語だけは雄々(おお)しく勇ましくあれということなんです。

「考えて見るがよい。やれ困ったの、やれ情けないの、やれやり切れないの、やれ悲しいの、やれ怖ろしいのという時、自分自身颯爽たる勇ましさを感じるかどうか。(中村天風、真人生の探求p146)」

「ピンチだ…困った…」
「こんな状況になってしまう自分が情けない…」
「いいことが起きなくて悲しい…」
「将来が不安で怖い…」

など消極的な言語を使って自分を勇ましく感じられますか?私なら到底無理です。だからこそ、消極的な状況であろうとも言語だけは積極的であらねばならないのです。

感想

「人生とは観念の世界であり気分の娑婆である」というのは真理だし、素晴らしい言葉だと思います。

人生というものは常に自分の考え方次第で、幸せにもなれば不幸にもなるのです。だからこそ、他人が消極的な言葉しか使わないような世界であっても、自分だけは私だけは常に積極的な言葉だけを使う光明たる人間でありたい今日この頃。

言語の暗示力は強烈なので消極的な言葉は使うな!「日常の言行」で積極的な言葉だけを使うべき理由」も参考にしてください。

メインカテゴリ